カテゴリ: 鉄道模型 新規配備

こんばんは。

Team117の呪縛は黄色単色だけでは終わりませんでした(汗)

イメージ 1

イメージ 2

KATO 10-180 117系JR東海色です。MicroAce車は高かったので、構造の古いKATO車をあえて選びました。黄色の方はMicroAce車でも安かったのですが(苦笑)

イメージ 3

とりあえず並べました。色合いはともかく塗装パターンはオリジナル車のイメージを残していて追加された細帯も違和感がありませんね。オリジナル塗装で細帯があっても似合っただろうと想像してしまいます。

イメージ 4

正面から見ると、ライトケースに吸収される形で細帯はほとんど判らなくなりますね。
しかしKATOの117系は設計が古いにもかかわらず良い造形で、HM非点灯を除けば見劣りしませんね♪

イメージ 5

横から見ると、福知山色の色違いみたいです(笑)
やはり117系はこのパターンが似合うんですね~

イメージ 6

屋根上は…ちゃんと新鮮外気導入装置が付いてますね(笑)
相変わらずの一体成形ですが、まぁ文句はありません。ただ、そろそろリニューアルとか100番台とか期待したいですね。あと“銀河”も!

イメージ 7

イメージ 8

前照灯と尾灯は…やはり麦球ですね。そして見た感じ中間のT車には車体側の集電板も入ってなくて、正真正銘の旧モデルですね。整備がちょっと面倒臭そうです(苦笑)

しかし117系は関西車だけで固めようと思ってましたが、Team117の魔力は本当にヤバく、関西を飛び出してしまいました(汗)
こうなるとオリジナル車をもう1編成入れて、HMがカッコいい「東海ライナー」も作りたくなります…いやマジでヤバイです。
それでは、また。

こんばんは。

先日、Team117を夢空間さんで楽しみましたが、ああいうコトをしてはダメですね。歯止めが効かなくなります(汗)

イメージ 1

イメージ 2

やってしまいました。MicroAce A-7785 117系100番台 岡山E07編成・黄色です。単色化された車両に持っていた僅かな抵抗感情は、Team117の魔力の前にあっさり覆されました(汗)

イメージ 3

妻面まで見事にまっ黄っ黄、まるで着色剤で染め上げたたくあんです(笑)
でも何か明るくて良い感じに見えます♪

イメージ 4

まずはお顔から。単色化で飾り気は無くなったように見えますが、ライト回りとHM表示器のリム回りの銀色がアクセントになっていて、単調な感じはしませんね♪

イメージ 5

もっとも横から見ると単色効果抜群(汗)
でも後期形特有の一段下降の2連窓の美しさは損なわれてませんね♪

イメージ 6

屋根上はクーラーユニット以外は何もなくて、相変わらずスッキリ…ってアレ?新鮮外気導入装置は?
クーラーユニットもAU75ではないようですし、クーラー換装時に取り外されたようですね。

イメージ 7

イメージ 8

前照灯と尾灯です。おー明るい。
国鉄色トイレ増設後を模型化したA-0458から随分改良されてますね♪
惜しむらくは前照灯が白色な点ですが、MicroAceのウリのHM点灯を美しく見せるには仕方ありませんし、透明な導光体なので手の打ちようはいくらでもありますし。

しかしまぁ「まっき色」(漢字は伏せます)なんて縁起でもない。117系らしい優雅さは若干スポイルされてますが、明るい塗装は決して悪くないと、模型を見て思いましたし、まだまだ活躍してほしいですね。
それでは、また。

こんばんは。

先々週の週末、秋葉原にLEDを買いに行きました。そして軽く模型店を巡回して…ダメですね(汗)

イメージ 1

イメージ 2

TOMIX 92898 & 92899 381系“くろしお” 基本&増結セットです。
新旧塗装とも以前から欲しいと思ってましたが、新塗装フルセットが適価で見つかり、つい暴走しました(苦笑)
気軽に巡回するのは危険です(汗)

イメージ 3

まずはオンザテーブル。10両あると圧巻ですね。もっともパノラマ編成も非パノラマ編成も1両余ります。勿体ないと思うか、1組で2度美味しいと思うか…

イメージ 4

まずはお顔から。“ゆったりやくも”と同じ、国鉄特急形に対するJR西日本標準の塗り分けパターンですが、色が変わると印象も全く変わりますね。南紀らしい明るく爽やかなカラーリングです♪

イメージ 6

塗装のズレや乱れもありません(笑)
ノーマルグレードの方が安心して買えますね。

イメージ 5

横から見ても良いですね♪
そしてこの色だとクロのスマートさが際立つように感じます♪
そういえば名古屋のパノラマクロ、解体されちゃうんですね…

イメージ 7

屋根上は相変わらずパンタとアンテナ類くらいしかなく、スッキリしてます。

イメージ 8

そしてサロ…ではなくサハです。この辺が西の381系の面白いところですね~
そしてパノラマ編成を組む限り余剰になる車両でもあります(涙)
でもちゃんと整備しますけどね。

イメージ 9

イメージ 10

まずはパノラマクロの前照灯と尾灯から。少し暗めではありますが、まずまずといったところでしょうか。新しい設計のKATO車もそれほど明るくないことを考えると上出来かも、です。

イメージ 11

イメージ 12

しかしクハの方はヘッドマークの光り方が相変わらずヘンテコリンです…
特に写真を撮ることが多い前照灯点灯時のHMは半分しか明るくなくて、これは悲しい気分にさせられます(涙)
何か改善出来ないか…構造を知ってるだけに妙案が浮かんできませんが、少し時間をかけて考えたいと思います。

しかし先日MicroAceさんから283系が再販されたばかりのタイミングで、381系を入れることになるとは…何かひねくれた縁でもあったんでしょうね(笑)
それでは、また。

こんばんは。

GW後半に秋葉原で「わんわん祭」がありましたね。今回は行くつもりは無かったのですが、いつもお世話になっている京都在住の某氏からの捜索依頼を受け、最終日に少し見に行きました。
そして自分も予定外の入線…ミイラ取りが何とやら、ですね(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

そのブツがコレ。KATO 10-479 117系福知山線色です。
令和最初の入線は紙箱が草臥れ、車番エラーも未修整な一品ですが、その分安価に、かつ最終日2割引で、欲しかった福知山線色が手に入ったので満足です♪
財布には大打撃ですが(汗)

イメージ 3

とりあえず並べましょう♪
前面以外は似たパターンの塗り分けですが、オリジナルのクリーム地&茶帯に対してホワイト地&緑帯は全く印象が変わりますね。

イメージ 4

さて、お顔から。
腰部の帯が回り込んでないうえに、ヘッドマークシールも貼ってないので、窓下の帯以外は一面真っ白。目つきもちょいワルな雰囲気で、白覆面のくノ一?(笑)

イメージ 5

これが斜めから見るとカッコいいんですよね~
この角度から見るのが117系では一番好きです♪

イメージ 6

側面も独特なユニットサッシが117系らしくて良いですね。
KATOらしいスッキリした表現が117系の持つスマートさを引き出してます♪

イメージ 7

屋根上もベンチレーターがなくスッキリ&スマートです。クーラー&新鮮外気取り入れ装置が屋根と一体成形なのは残念ですが、ボリューム感はありますしね♪

イメージ 8

イメージ 9

前照灯&尾灯は橙色か麦球か…まぁ電球色LEDに交換するので無問題ですが。

しかし古い製品なので、もしかすると整備は少し面倒かもしれませんね。まぁ好きな117系ですし、時間を見て整備するとしましょう。
それでは、また。

こんばんは。

イメージ 1

先々週に京都在住の某氏と会った際に贈呈されました。もちろんタダではなく、ちゃんとお金を出したオーダーですけどね(笑)
結果として、これが平成最後の入線となりました。

イメージ 2

イメージ 3

MicroAce A-8362 京阪800系 新シンボルマークです。4月中旬の「わんわん祭in京都」で入手してもらいました。
一部難あり的なことで安いものを、最終日割引で更に安く手に入れました。しかも「難」は全く難ではないというラッキーな状態♪
いや~しっかりした眼を持つ方がいると頼りになります。

イメージ 4

さて、とりあえずちゃぶ台へ。最近鉄コレばかり弄ってたので、久々のNゲージ製品です…が、小さくて軽い車体は何となく鉄コレに思えます(苦笑)

イメージ 5

京阪の一般車=緑のイメージが強いだけに、京阪らしいお顔にもかかわらず、何となく京阪車に見えません(笑)
そして併用軌道をはしる車両らしく、スカートと車体の間に車幅灯を装備してますね。

イメージ 6

小さくて短い車体ですね~
そして前頭部だけでなく妻面側や中央ドア斜め下にも車幅灯が装備されてます。

イメージ 7

妻面ですが、完全な切妻じゃなく折妻になってるんですね。連結面としては珍しい気がします。

イメージ 8

屋根上はクーラーがペッタンコです。これ、地下鉄線対応なんでしょうね。
しかしクーラー部の黒い穴、最初は何か部品が欠品してるのかと思いました(汗)

イメージ 9

イメージ 10

前照灯と尾灯ですが…幕が明るすぎ!
肉眼では良い感じなんですが、写真だと前照灯の光が完全に飲み込まれてますね(苦笑)
そして前進時には尾灯下の車幅灯が光るのがMicroAceらしくて良いですね~
さすがに中間車を含む他の車幅灯は光りませんが。
しかし何より嬉しいのは、無加工で灯火類が光ることです(笑)
Nゲージって偉大ですね~

さて、元号が令和になって最初の入線は何になるでしょう…今のところ暫くは入線予定はありませんが。
それでは、また。

↑このページのトップヘ