カテゴリ:鉄道模型 > 工作他

こんばんは。

16538044712848

前回記事の313系整備に続いて、GM製211系5000番台も整備していきます。
こちらも室内灯装備とBMTN化くらいです。何しろユーザー取付パーツが幌くらいですからね。

16538044712557

さてBMTN化ですが、今回使うのはJC6328の電連一段付です。本当はガイド湾曲形では実車と違いますが、これしか手に入りませんでしたので…(涙)
まぁ気に入らなければ、ストレート形のカプラーが手に入り次第、ガイド部だけ交換すればいいかと思ってます。
いずれにしても、カプラー基部の切除とスカートの切削加工は必要になります。
特にスカートは途中から強度不足で失敗しやすいので、かなり慎重に作業しました。

16538044712006

そしてこの形でBMTNをGクリア接着しますが、そのまま床板パーツに接着するとカプラーが首振り時に微妙にボディと擦れてしまうので、0.3㎜のプラ板をスペーサーとして噛ませました。
あと313系と同じく、カプラー後部が車輪と当たるので、カプラー後部のスプリング固定部を出来るだけ削ったうえで、出来るだけ前に出す形でカプラーを接着しました。

16538044862280

カプラー胴受けがかなり前に来ましたが、連結を考えてもこれくらい出さざるを得ないので、これでいいでしょう。
ちなみに幕は4両編成は「快速」に。

16538044861559

そして3両編成の幕は「多治見」としました。もちろん前面ガラスパーツ裏側から貼ってます。

16538044862451

313系とのカプラー高さもキレイに揃って、全く問題無さそうです。

16538044984373

室内灯も313系と同じく自作の白色タイプを装備しておきました。これで整備完了です。

16538044983902

最後はKATOの小さい方のケースに、ウレタンを交換のうえ7両纏めて収納しました。

これであとは313系と組んで走らせるだけです。いろんなパターンの編成を組むのが今から楽しみです。
それでは、また。

こんばんは。

16538043930847

GW&その後のヤケクソ暴走で入線したKATO製313系1100番台、1300番台、1600番台の3編成を纏めて整備しました。
KATO品らしく付属品とかはありませんが、同じくヤケクソ暴走で入線したGM製211系との併結を考えると先頭車運転台側のカプラーがKATOカプラーでは色々都合が悪いので、運転台下はBMTN化が必要です。

16538044055999

313系の場合二段電連が必要で、しかもGM製211系との連結を考えると、313系側もBMTN化するのが安牌ですが、この後の211系のTN化に一番楽なJC25がお店からすっかり消えてしまってますし、他のSPタイプのも二段電連付きは売り切れてます。
再販まで待つといってもいつになるか判りませんので、用意したのが普通のBMTNカプラーと、KATOの電連二段パーツ。無いものは「もどき」でも作ってしまえと。

16538044055488

作り方は簡単。KATO電連パーツのステーを切り落として、BMTNカプラーの受け部になるコの字パーツの下に少量のGクリアで接着するだけです。
細かいことを言えば連結器と電気連結器の間にクリアランスが無いですが、まぁ気にしないでおきましょう。どうしても見た目が気になるならスペーサーを噛ませるか電連パーツを剥がせばいいですし(笑)
ちなみにこれでカプラーとしての機能は問題は無さそうですが、走らせての検証は出来てません。
まぁかなりのやっつけ仕事ですしジャンク臭もプンプンするので、もし問題があっても勘弁してください(苦笑)

16538044238151

さて、BMTN化する以上、床下側も加工が必要です。
床下と一体成形されている胴受け表現の付いたカプラーマウントを切除してしまいます。

16538044237730

そしてそこに、加工したBMTNをGクリアで接着。
ただカプラー後方のバネ留め部と車輪が干渉するので、カプラーベースを限界まで切り詰めたうえで、出来るだけ前にセットするしかありません。ともあれ、これで完了です。

16538044412404

下手な考えから出たやっつけ仕事のわりには、見た目悪くはないですね(笑)
私的には、とりあえずこれで充分です。

16538044412113

室内灯は自作の白色タイプを装備しときました。
これで整備完了ですが…

16538044410942

以前から持っている8500番台も混結に使いたいので、こちらも同じくBMTN化しておきました。
この8500番台を含めて8両の先頭車を加工するのはなかなか疲れました…

16538044533135

全車を1ケースに纏めておきました。なかなか壮観な眺めですが、暴走の爪痕も大きそうで、しばらくは食費を削るしかないです(苦笑)

そしてこの後、211系の方も加工が待ってますが、それは次回以降に。
それでは、また。

こんばんは。

16525383023952

GW中のわんわん祭りで入線したMicroAce製の103系3500番台の整備をしました。
4両とはいえ全車先頭車で、しかも憎き橙色のライト&幕点灯でしたので、ライト回りは全部やり直さないといけません。

16525383023571

幸い導光体は透明かつ幕用と前照灯用が分かれているので、白色LEDに打ち替えることで何とでも出来そうです。

16525383022730

と、ライト基板を見て…麦球かい(汗)
まぁ製造時期的には不思議ではないんですが、MicroAceの麦球基板はちょっと面倒臭いです。

16525383340895

16525383340324

まずはライト基板上の電子部品。麦球だけでなくスイッチングダイオードとコンデンサも全部撤去。使うのは基板と集電足だけですね。
そして麦球が刺さっていたホールにLEDをセットするため、1㎜径のピンバイスでホールを広げます。

16525383340013

16525383599428

そしてLEDをはんだ付け。更にスイッチングダイオードの跡地にはチップ抵抗を3点全てに接触させる形ではんだ付けしました。

16525383599077

導光体は前照灯用のみ、電球色チックにするため受光部にオレンジのマッキーで着色しておきました。

16525383598316

あと、クモハ102側はジャンパ栓の造形が一つだけありますが、いろんな写真を見る限り、ホースが2本垂れ下がってます。
なので元のジャンパ栓の造形を削り落として、他製品の付属品のホースをGクリアで接着しておきました。色がちょっと合ってないのはご愛敬ということで(苦笑)
あとは室内灯と全車BMTNカプラーを装着して整備完了です。

16525383859711

行き先は基本となる2両はワンマンの「寺前」に。
増結となるT車の2両は「姫路」にしておきました。
しかしダミーカプラーの時からカプラーが垂れ下がってるのは気になります…ま、そのうち気が向いたら手直ししましょう。

16525383859360

16525383858869

そしてライト回りは一気に改善されました。ただ幕が明るすぎて写真だと白く飛んでしまうのは仕方ないですね。肉眼ではまぁまぁ良いんですけどね。

16525384016782

室内灯はいつもの白色タイプの自作品で。

今回久々にMicroAceの麦球基板をLED化しましたが、長く触ってないと手順を忘れかけてしまいますね(汗)
MicroAceのライト基板はパターン読みにくいですから、やり方を忘れると難儀なので、今回のが備忘録になりそうです。
それでは、また。

こんばんは。

16520685353732

先日導入したMicroAceの東京メトロ東西線05系の整備をしました。
ほぼ新品状態なので、清掃関係はかなり手間を省けそうです。

16520685353251

16520685352560

まずはバラして状態確認。予想通りキレイな状態です。試走したときも好調でしたので、ヘタにやり直すことはせず、そのまま行きます。

16520685729485

ライト回りも前照灯の電球色を含め不満無しなので、ライトユニットの確認はしましたが、特に弄ることも不要です。しかし銀テープでの遮光がMicroAceらしいですね。

16520685729164

唯一の不満はMicroAce特有の連結器周りのスカスカ感&垂れ下がり気味なダミーカプラー。まして今回はスカートが無いので、特に目立ちます。
そこで見た目だけのために先頭車運転台下だけBMTN化します。
もちろんポン付けでは垂れ下がり感は更に悪化するので、先頭分の床板を一部切除し、残す部分も削って極力薄くしました。

16520685728793

そしてステーやお尻の部分等を一部切削加工したBMTNカプラーを、Gクリアで接着して一丁あがりです。

16520686094478

スケールはともかくとして、BMTN化で多少ボリューム感は出ましたし垂れ下がりも無くなりました。
が、やっぱり寂しい感は拭えません…

16520686094187

そこで実車の写真を参考に、コレを買ってきました。トレジャータウンさんの乗務員ステップです。
これと手持ちのGMキットの床下機器から適当なパーツを見繕って運転台下に取り付けます。

16520686093436

16520686324629

おー、随分締まって見えるようになりました。もちろん実車と違うことは認識してますが、どうせスカスカな時点で実車と違うなら、「それっぽく見える」ようにしようと。ハシゴは実際に連結器の両サイドにありますしね。
ちなみに幕は「中野」としました。ハレーションもなく、なかなか美しいですね。
あ、室内灯も白色の自作品を装備しておきました。

これで整備完了。夢空間さんでE231-800系や東葉高速2000系と共演させるのが楽しみです。
それでは、また。

こんばんは。

16509641237212

先週末の夢空間さんで「赤の呪い(モーター突然死)」によって動かなくなったTOMIX製DE10です。
もちろんそのまま放置するわけにはいかず、モーター換装作業となります。

16509641236241

まずはバラしから。台車以外は全てバラします。そうしないとモーターに辿り着きませんし。
久々の凸型機関車の分解で構造を忘れかけてましたが、何とか傷付けずにバラせました。

16509641235390

さてモーターですが、DE10用は片側FWのM-9 Type6がデフォルトです。で、まだ同形状のM-13は出てないかと思いつつ調べると、Type4がDE10用として既に出てました。
これは助かるとばかりにM-13で調達です。むしろM-9の在庫を探す方が面倒な感じがしますし。

16509641382994

ともあれ積み替え。もちろん(?)ホルダーやシャフトを含め、他は何も交換不要です。
そして集電系の汚れなどは問題なかったので、あとは元通りに組み直すだけです。

16509641382303

作業終了です。軽く動作確認しましたが、特に問題もありませんし、これで運行に復帰できます。

メーカー側は互換性を謳ってはいない以上、上位グレードとは言えないですが、これで信頼性はM-9から改善されるでしょう。
突然死さえ無ければ、それ以外の性能はM-9も良いと思いますし好きなんですけどね。
それでは、また。

↑このページのトップヘ