カテゴリ:鉄道模型 > 工作他

こんばんは。

年末年始休が終わったと同時にフルスロットルの仕事が始まり、いきなりヘトヘトです(疲)
で、週末は三連休と、オンオフが激しすぎて、なかなかリズムが作れませんね~

そんな週末ですが…

IMG_20210110_193747

とりあえず年末年始にやり残した、近鉄車の入線整備の最後の仕上げ、室内灯の取り付け。まずはGM製1026系から。

IMG_20210110_193803

室内灯は全て白色タイプの自作品です。GM車は取り付けしにくいのと、ボディが薄くて透けるのが心配でしたが、減光していることもあって全く問題なく、良い感じです♪

IMG_20210110_193815

ライトボックスで運転室が埋まるので、運転室への光の回り込みもありませんしね。そして幌を付けたことで表情も引き締まりました。幌パーツも実は帰省時に持って帰るのを忘れていて、ようやくの取り付けとなりました(苦笑)

IMG_20210110_193840

なお、「準急・榛原」にした車両は種別表示灯の左側のみ点灯にするために、右側のプリズムを黒く塗り潰しておきました。

IMG_20210110_193900

続いてMicroAceの8000系を。

IMG_20210110_193920

こちらも装備する室内灯は白色タイプの自作品です。前から持っている編成と合わせた減光処理をしてあります。
そして、10連時にM車が3両になるのを避けるため、各M車の動きを確認のうえ、挙動の違う増結2両セットのM車からモーター&駆動系パーツを全て外しました。

IMG_20210110_194208

IMG_20210110_194223

これで先日、試運転に持ち込み、結果はかなり満足の行くものでした♪
各M車の同調も取れてますし、夜景モードでの室内灯の明るさもちょうど良かったですし、これでいつでもOKです。
それでは、また。

こんばんは。

IMG_20210103_171830

前回記事の近鉄8000系に続き、昨年末に入線したGM製近鉄1620系の6連&4連も、出来るところまで入線整備を進めておきます。

IMG_20210103_171843

まずは分解してライトボックスを取り出します。
取り出した理由は、一つは先頭車4両のうち2両は準急にするため、種別表示灯の右側を非点灯にするため…早い話が黒マジックで塗り潰すだけですが(笑)
で、もう一つの目的は幕点灯化が出来るかどうか確認するためでしたが…ライトボックスが幕部の裏側まで来ていて、前照灯用の導光レンズが通ってるので、やるにはかなり大掛かりな工事が必要になりそう…なので今回は無理をせず、幕点灯化は止めておきましょう。

IMG_20210103_171856

とすると、あとは出来るのはお顔の下のカプラーをダミーからBMTN化するだけです。
使うのは少し特殊な形のJC6334を。

IMG_20210103_171909

デフォルトのスカート一体型のダミーカプラーから、ダミーカプラー部だけを切除。
そしてBMTNカプラーもステーや台座の一部を一部切除します。

IMG_20210103_171924

そしてスカートは元の場所に組み付け、空いた隙間に加工したBMTNカプラーをGクリアで接着。

IMG_20210103_171942

あとは前面だけ幕シールを貼って作業完了です。
幕は4~6連を想定した「準急・榛原」と、10連を想定した「快速急行・大阪上本町」としました。

あとは関東に戻ってから室内灯を組み付けて終わりの予定ですが、相変わらずGM車らしく車重が軽いので、ウェイトを足す必要があるかもしれませんね。
それでは、また。

こんばんは。

年末年始休はゆっくり過ごしてます。
模型弄りも、例年通り関西出張所を開いて、年末に導入した近鉄一般車の整備を進めてます。

IMG_20210103_171315

手始めに、まずは入線した14両分の室内灯を。と、ここで早速やらかしたことに気付きました(汗)
集電足となる燐青銅板を持ってくるのを忘れてました(涙)
これで休み中の落成は不可に。年明け早々詰めが甘いです…いや、甘かったのは昨年末の準備なので、今年は大丈夫と思いましょう(笑)

IMG_20210103_171331

気を取り直して、やれることをやっていきます。
まずはジャンク入線したMicroAceの近鉄8000系です。昨年末の大運転会時に試走させた限りでは、やたらと静かでスムーズで、ジャンクとは思えない絶好調ぶりでしたが、まぁジャンクなので、とりあえずバラして各部のチェックを。

IMG_20210103_171638

まずT車ですが、錆や劣化もなくキレイなもんです。
前照灯や尾灯のチラツキ、不点灯もありませんでしたしね。これなら軽い清掃だけで済みます♪

IMG_20210103_171653

が、M車は予想通り…というかMicroAce品恒例のドロドロに汚れた車体集電板が(汗)
よくこれであんなにスムーズに走ったもんです。
もちろん、ペーパー掛けでピカピカにしておきました。

IMG_20210103_171724

一方、台車回りや車輪はとてもキレイです。これ、前オーナーさんが一度バラして清掃されたんでしょうかね?
ヘタにやり直して逆効果になると辛いので、ここはそのままにしておきました。

IMG_20210103_171738

で、必須なのがBMTN化。元から持っている4+2両は全部BMTN化してますしね。
中間は0337を使用。運転台下はJC6334の一段電連付を加工して、車体側にも薄いプラ板でスペーサーを咬ましてからGクリアで接着しました。

IMG_20210103_171755

あとは行先表示板を取り付けて。10連運用のために入線させたんですから、やはりここは奈良線快速急行の板を付けるでしょう!

これで一旦作業終了です。あとは関東に帰ってから、室内灯を取り付けて完成になります。
ただ10連を組むのに3Mはさすがに多いと思ってまして…入手時はこのM車のモーターとギヤを抜くつもりでしたが、あまりにも調子が良いので迷ってます。
関東に戻ったら、元の2両のM車と再度較べたうえで抜くM車を決めようかと思います。
それでは、また。

こんばんは。

IMG_20201222_225303

ばんえつ物語用の12系客車です。見映え向上で両端をナックル化してますが、なにしろ台車マウントの古いモデルですので、曲がるとカプラーも「あっち向いてホイ」です(涙)
で、先日“サロンExp東京”や“サロンカーなにわ”に施工したのと同じく、こちらもKATOなAssyのスハネフ14前面カプラーセットとナックルカプラーを使ってボディマウント化します。
柳の下の何匹目か、ですね。

IMG_20201222_225322

カプラー加工は過去記事と同じです。これを床下にGクリアで接着して終了です。

IMG_20201222_225344

カプラーがあっち向かないのはもちろん、ホース類が付いて男前になりました♪

で、最近これらの作業をしていて改めて思うのは、KATOのナックルカプラーの形がとても良いコト。
こうなってくると、TOMIX車も全部KATOナックル化したくなります。そうすれば機関車も全部両端ともKATOナックル化出来ますし。
ぼちぼち考えても良いかもしれません。
それでは、また。

こんばんは。

IMG_20201220_190250

先日入線しました広電グリーンムーバーLEX、室内灯を取り付けました。

IMG_20201220_190444

まずは車体の連結を外します。通電機能が付いたドローバーで繋がってますので、それぞれ少し引っ張れば簡単に解結できます。

IMG_20201220_190530

そして幌の下の床板パーツを外して、ボディを軽く広げて床下を下に引き抜いて外します。
おー、この低床の中に駆動系が全て入ってるんですね。

IMG_20201220_190629

そして室内パーツを外せば、ウォームギヤ、小型FWと一体化したモーターが出てきます。
てかモーターちっちゃい!

IMG_20201220_190617

そして台車を外すとギヤ代わりに溝を彫った車軸が出てきます。これで駆動してるんですね~
台車にモーターが埋まった感じのPORTRAMとは構造が違いますが、精密機器感が満載です。ホンマに素晴らしい!
まぁ室内灯を装備するだけなら、そこまでバラす必要はないんですが(笑)、やっぱり構造を確認したかったので。いやいや、楽しかったです。

IMG_20201220_190649

で、室内灯。解結=>幌下の黒い床板パーツを外せば装着できます。このダイキャストの中に導光板が埋まっていて、そこに室内灯ユニットのLEDの光を当てれば良いワケで。

IMG_20201220_190701

で、埋め込みました。
純正室内灯のライト基板だけを使って、集電足を殆ど折り返す感じで曲げて、集電足がダイキャストに接するように差し込めばOK。
予想していたよりもアクロバティックな感じはなく、難易度は比較的低いと思います♪
これを両先頭車とも設置・・・つまり室内灯二丁掛けです。そういえばモーターも2Mですし、なかなか贅沢な車両です(笑)

IMG_20201220_190712

しかし効果はバッチリでした。低電圧から動くので、静止状態で撮る写真では判りにくいですが、先頭車も中間車も均一にキレイに光ります♪
実はKATOにとって、かなり工夫を凝らした会心の一撃じゃないかと思います。

いやいや、バラすの楽しかったです(笑)
あとは…走らせるのはやっぱり夢空間さんの路面線ですかね~
それでは、また。

↑このページのトップヘ