カテゴリ: 鉄道模型

こんばんは。

先日の三連休、あまりにも暇だったので、中日の日曜に少し出掛けました。

16582244020892

泉岳寺から京急2100系快特で。品川では大量の乗車がありました。さすが三連休ですね。

16582244020061

で、私が行ったのは行楽地ではなく横浜でのわんわん祭り(笑)
昼過ぎでしたので比較的待たずに会場には入れました。そしてタダで済むはずもなく…

16582244306132

16582244305871

気付いたらバッグの中に居ました(汗)
MicroAce A-1976 近鉄10000系ビスタカー 新塗装7両セットです。
以前から機会があれば…とは考えてました。最近発売された製品でもあるので、整備もそれほど手間は掛からないでしょうし。とはいえ10%offでなければ手は出さなかったですが。

16582244305130

ともあれ、ちゃぶ台へ。
見れば見るほど不思議な編成です。2階建て車を含む中間3両は連接車で、その影響もあって7両編成で車長が4種類という試作要素の強い車両ならではの構成です。

16582244567242

まずはお顔から。後に続く10100系とも全く違う、アメリカンなゴツい印象のお顔ですね。今も昔も、日本国内ではあまりこういうデザインの車両は見ませんね。

16582244566931

16582244566070

16582244770655

16582244770094

サイドビューは4種類様々で、目立った共通点は4枚折戸と塗装くらいでしょうか。
そして、やはり編成中の白眉、ビスタドームのある2階建て車が目立ちます。

16582245161508

ちなみに連接の両端になる2階建て車両には運転台もあります。しかも飾りではなく何度もこのお顔が編成端になる運用がありました。
しかしMicroAceさんには珍しく、ここは前照灯も尾灯も光りません。どうしたんでしょうね~

16582245161007

16582245160376

前照灯と尾灯ですが、過不足なくキレイに光ります。ギラギラ光るのも個人的には好物ですが、これくらいの明るさも良いですね。

16582245510259

そして歴代のビスタカーを並べてみました。初代が最後の入線になりましたが、これで塗装違いなどを除いた形式という意味では、製品化されているビスタカーは揃いました。あとは20000系“楽”が製品化されればコンプリートなんですけどね。

この10000系は運用や座席指定システム面で不都合が多くて短命に終わりました。更に今回導入した新塗装かつ両端流線形の形態の期間は短かったですが、模型では何も気にすることはありませんし、他の近鉄特急車と一緒に活躍していただこうと思います。それでは、また。

こんばんは。

先週末になりますが、夢空間さんに行ってきました。今回はいつもBlogでお世話になっている「南武蔵野線」さんとご一緒させて頂きましたので、何かテーマを示し合わせて…ではなく、私の我が儘でフリーテーマにさせて頂きました。
その理由は…GW前に重整備したものの、その後の入線やら何やらで、出庫が遅れ遅れになっていた車両を走らせる予定をしてたからでして。

16577153927072

まずは783系“ハイパーかもめ”と、787系“つばめ”から。はい、GW前に重整備したのはJR九州関連の車両達でした。しばらく走らせてませんでしたし、調子を崩している車両もあったので…(汗)

16577153926251

続いて“ハイパーかもめ”に合わせて長崎方面でキハ183系1000番台の特急“シーボルト”を。どマイナーな列車ですが、大村線全線を走る唯一の特急列車でした。

16577153925260

そのシーボルトと並べたのはキハ71系“ゆふいんの森”です。キハ183自体も“ゆふいんの森”だったり“ゆふDX”だったりと久大本線を走ってましたので、お仲間ということで。

16577154087155

そして“ゆふいんの森”を出したら本家“ゆふ”を出さないわけにはいきません。半分赤い頃の“ゆふ”はキハ185系らしさをよく残した、お気に入りの車両です。

16577154085933

「南武蔵野線」さんもフリーテーマでE351系や485系青さぎ、EF66-27+コキ編成と、バラエティに富んだ内容で、楽しませて頂きましたが、中でも個人的には国鉄一般型キハが一番刺さりました。
もうすぐキハ55急行色も出ますし、その頃にまた共演させて頂きたいです♪

16577154086624

そして今回のラストショットは夜景の中で佇む個性派DCの並びで。
観光客を運び終えて駅で休む感じですね。

しかし実は今回、少し心残りが。同じく重整備した883系“ソニックにちりん”を忘れてしまいまして(涙)
近いうちに今度は振り子特集にでもして走らせることとしましょう。
それでは、また。

こんばんは。

前回記事で24系“北斗星”のナックル化を施工しましたが、そうなると当然機関車も施工します。

16565467918062

施工対象はこの3両。EF81北斗星色とDD51北海道色×2両です。EF510とかは持ってませんしね。
やり方はこれまでのTOMIX機関車と同じで、アーノルドカプラー受けにKATOナックルを、根元のサイドを少し削って押し込んでGクリア接着です。
リカラーさんのアダプターとか便利そうで良さげなんですが、買いに行くのも面倒ですし、手持ちのモノで済ませてしまいます。

16565467917331

まずDD51。重連運用を考慮して、4箇所のうちナックル化は1箇所だけにしてましたが、全部ナックル化しました。
これで連結の際のカプラー縛りを考えずに済みます。

16565467916120

あとはEF81。基本は北斗星専用で使ってますが、これまでの一連のナックル化の影響で、こちらも両端ナックルになりました。

これで青函トンネルに絡む車両は全てナックル化…あ、まだ少し残ってました…また時間を見て施工します。
それでは、また。

こんばんは。

仕事が忙しくて記事を上げるのを忘れてました。

16557205268452

TOMIX製の24系“北斗星”北海道編成Ⅱ。機関車&客車の全ナックル化の先兵として、まず青函トンネル関係の車両のナックル化を進めいて、ED79が両端ナックル化したので、牽かれる機会のあるこの車両もナックル化しておきました。

16557205268081

やり方は14系“はまなす“や50系”海峡”と同じ。現物合わせで選んだナックルカプラーと、Assyのスハネフ14前面カプラーセット、24系ジャンパ栓を組み合わせます。
そしてツメなどの突起を全て切り落として。

16557205267380

それを床板にGクリアで固定して作業完了です。
ジャンパ栓パーツの付いたBMTN装着時と比べても見劣りせず、いい感じです。

16557205359193

機関車とのカプラー高さもちゃんと合って、ひと安心です。
なお、こちらのオハネフ25はナックルカプラー長を使いました。

16557205442325

逆側のカニ24も同様にナックル化しました。
こちらは短かめのEF66ナックルを使っています。

16557205441804

それでも連結間隔と首振りは問題無さそうです。
まぁ最後は走らせてみないと判りませんが…

さて、次は北斗星関係の機関車がナックル化工事の対象になります。片側TN・片側ナックルになってますが、見た目が好みという理由で始めたことなので、続けて工事していきます。
それでは、また。

こんばんは。

平日に疲れが溜まりまくった心を癒すには、やはり貸しレさんで走らせるしかないですね。
今週末の夢空間さんでは、先月入線したもののデビューさせてなかった青函絡みを走らせてきました。

16562432677952

まずは789系特急“スーパー白鳥”と485系3000番台特急“白鳥”から。
どちらも過去帳入りした列車達とは思えません。特に485系は、今でもどこかで走ってそうに思えます。

16562432677271

そして函館駅風の並びを楽しみつつ、個人的には念願だったキハ281系特急“スーパー北斗”、いよいよデビューです。

16562432676440

そんなキハ281系のお伴は、海峡を挟んで本州側を走った485系特急“かもしか”を。
“いなほ“や”つがる”でも良かったんですが、この超ローカルな姿が281系と対照的なので、これをチョイスしました。

16562433015525

そして“スーパー北斗”から、またしても函館駅風に並べつつ、また青函トンネルに戻ります。

16562433015114

16562433014013

こちらもデビューとなる50系5000番台快速“海峡”と、そのお伴に14系急行“はまなす”を、ともにED79牽引で行きましょう。これもED79を増備したことで、同時に走行させれます。
しかしどちらの列車にも機関車にHMが付くのが嬉しいですね。

16562433174986

最後は“はまなす”の牽引機をDD51に。ブログには上げてませんが、このDD51も両端KATOナックル化したので、そのテストも兼ねて、というところです。

しかし海峡線車両もかなり充実してきましたし、今後も色々楽しめるといいですね。
それでは、また。

↑このページのトップヘ