こんばんは。

先日入線させた近鉄80000系「ひのとり」、早速走らせてきました。

IMG_20201221_103255

当然、お供も近鉄特急で。手始めに名阪甲特急を並べてみます♪

IMG_20201221_103316

まずは10100系ビスタカーⅡをB+C編成で。東海道新幹線開業前の圧倒的なシェアを持っていた頃のひとつの姿ですね。

IMG_20201221_103403

そして12200系スナックカー2連。東海道新幹線に名阪直通客をゴッソリ獲られた、名阪甲特急暗黒時代の姿です。実際この目でも見てますが、子供心にも切なく思えました。

IMG_20201221_103441

ところが国鉄が運賃を値上げしまくったことで名阪甲特急が復権しましたが、その復権の象徴がこの車両、21000系アーバンライナーですね。ウチにいるのはPlusですが。
デビューしたときは衝撃を受けました、ホンマに。

IMG_20201221_103554

そしてアーバンライナーNextを経て、復権なった名阪甲特急用の新しい翼、80000系「ひのとり」。
やっぱりカッコええですね!

IMG_20201221_103614

と、名阪甲特急だけではネタが尽きてしまうので、それ以外も。阪伊・名伊特急も近鉄特急の屋台骨ですが、名阪特急と違って観光要素が強くなるので、今も現役の30000系ビスタカーⅢのような車両の出番になります。

IMG_20201221_103629

そして近鉄の観光特急が行き着いた形のひとつが50000系「しまかぜ」ですね。
新幹線をうまく利用して伊勢志摩に観光客を誘致する近鉄の特急政策の継承車で、ある意味「ひのとり」とは対照的な車両ですね。

IMG_20201221_103652

そして「しまかぜ」のコンセプトのある意味先駆けとも言える23000系「伊勢志摩ライナー」。
流れるような美しいスタイルは、現役の近鉄特急車の中では一番好きかもしれません。

IMG_20201221_103716

でも今回の一人運転会の主役は「ひのとり」なので、もう一回♪
見た目のシャープ感は「伊勢志摩ライナー」に一歩譲る(と思う)ものの、美しいボディカラーには参りました。ずっと見てても飽きませんでした♪

IMG_20201221_103733

そんなわけで、今年も「夢空間」さんのレイアウト上のX'masツリーをお借りして、皆様、メリークリスマス♪