こんばんは。

例年とは様相の違うお盆休みも終わり、明日(今日)からはまた日常が始まります…といってもこのCOVID-19禍のもとでの、例年とは様相の違う日常ではありますが(涙)

で、この暇なお盆休み中、2年越しになってしまった作業をしてました。

IMG_20200815_235754

IMG_20200815_235819

GreenMaxの塗装済エコノミーキットのマシ35です。
やはり2年くらい前の帰省の際のヒマつぶしとして買ったまま放置してましたが、この際組み立ててみましょう。

IMG_20200815_235837

まずは車体パーツを切り出して、一旦L字形に組んで窓用の透明プラ板を貼ってから、箱形に組み上げます。

IMG_20200815_235902

屋根は指定場所にベンチレーターを接着しておきます。

IMG_20200816_000011

台車はTR47を使います。これで組むだけならすぐに終わるのですが…

IMG_20200816_000022

台車の内側の出っ張りを切除し、ピン止め穴の横にピンバイスで穴をあけます…以前に同じ板キットのスロ54や鉄コレでも採用した集電化工事で、もちろん、室内灯装備のためです。
ここにポリウレタン銅線を取り付けた自作集電板を咬ませて台車側の加工は終了です。

IMG_20200816_000035

床板パーツの台車取り付け穴の横にも穴をあけ、台車からのポリウレタン銅線を通します。
そして床板に設置した細切り銅板の集電板に、室内灯ユニットからの銅線とともにはんだ付け。床板パーツが熱で歪まないよう迅速に…いつも緊張します、この作業。
あと、ウエイトは万が一の通電パーツとの接触を避けるため、ビニールテープで巻いたうえで、両面テープで床板に固定しました。

IMG_20200816_000103

あとはボディと屋根を被せて組み上げ、床下機器を指定通り接着していきます。

IMG_20200816_000123

最後に車番と「食堂」表示のインレタを貼って作業完了、落成しました。
室内表現が全く無いのが寂しいですが、これで他の所属車両の編成に組み込んでも、1両だけ真っ暗なのは避けれます。
それでは、また。