こんばんは。

なんか画像UPがうまくいかなかったので、一旦記事削除=>再度UPしました(汗)

さて、前回記事で24系“ゆうづる”の入線レポートしましたが、もちろんこちらも入線です。

IMG_20200518_070652


KATO 3064-1 EF80一次形です。“ゆうづる”牽引機はED75は持ってますが、やはり上野口の牽引機が無いとダメ、とばかり、24系と同時購入しました。

IMG_20200518_070708


しかしEF80って常磐線にしか居なかったので、殆ど縁がないんです。幼少期に一度だけ実車を見たことありますが、当時はEF81かと思ってました(苦笑)
補機や試作機を除いて、これだけ最初から最後まで地域限定な機関車も多くないかと。
後継車EF81が性能的にも汎用性にも優れてましたしね。

IMG_20200518_070727


まずはお顔から。
庇もそうですが、埋め込み式の前照灯が何とも特徴的というか、あまり見ないですよね。ED74までの交流機とか、それくらいしか思いつきません。

IMG_20200518_070814

IMG_20200518_070751


そしてサイドビュー&屋根上。下枠交差のEF81と違って、デカい菱形パンタが、しかも少し屋根から張り出す格好なのが迫力あって良いですね♪
そして交流機や交直流機ならではの屋根上の特高圧線が素敵です。オーバースケールと言われようと、KATOならではの金属線での表現は、やっぱり優れてると思います。

IMG_20200518_070835


前照灯の方は…最近のKATOさんは電球色LEDを明るく輝かせてくれるので有り難いです。ただ、相変わらず常点灯は効きませんが…
停車状態での点灯はこれが限界でした。

さて、EF80のような地域限定な機関車って模型でも使い勝手が良くなく、この機関車も殆ど“ゆうづる”専用機になりそうですが、旧客を適当にぶら下げて常磐線の色褪せた長距離客レなんかにも使いたいですね。
それでは、また。