こんばんは。

イメージ 1

イメージ 2

前回記事で登場した165系“佐渡”、あらためて入線報告です。皆さんの記事を拝見して物欲を抑えきれず、少し前に入線させてました(汗)
物欲耐性の無さが丸出し、戦時中の人々の忍耐力を見習わねばなりません。

イメージ 3

しかも見事なフル編成。サハシ165編成もサハ164編成も組めるよう、両方入っている至れり尽くせりの内容で…ちゃぶ台の上が165系だらけです(笑)

イメージ 4

そして先頭車だけで6両。気動車ほどではないにせよ、当時の急行列車のポジションがよく判ります。
ちなみにライト類は3両だけの搭載です。

イメージ 5

その先頭車。“伊那”の時にも思いましたが、KATOのリニューアル165系は本当に素晴らしいですね!
くどさの無い、しかし立体的な表現、そしてライトレンズのスリット…このクオリティで早く153系や475系をリニューアルしてほしいものです。

イメージ 6

横から見ても美しさは変わりません。そして屋根上機器の別パーツ化が効いて、しっかり立体感が出ますね。

イメージ 7

このセットの特徴のひとつ、サハ164です。売店付きの特徴的な窓割りが微妙に目立つのが良いですね♪

イメージ 8

サロには簡易運転台が付いてます。が、簡易運転台はサロだけでなくモハ164の1両にも付いてます。国鉄車の簡易運転台といえばサロorサシ・サハシが相場と思ってましたが、珍しいように思います。

イメージ 9

イメージ 10

前照灯と尾灯です。
電球色な前照灯の色合い、尾灯の哀愁、幕の光り方、どれをとっても完璧です♪
そしてライトレンズのスジまでキレイに見えるのが素晴らしく、さすがに爆光にはしたくないですね(笑)

しかし良い車両ですね~
そしてこれで153系・165系・475系と国鉄急行形でそれぞれ優等列車らしい長さの編成を組むことが出来るようになりました♪
それでは、また。