こんばんは。

イメージ 1

入線したてのKATO製EF16です。
木曜夜に到着後、すぐに整備に取り掛かりました(笑)

イメージ 2

何はともあれ、まずはKATO機最大の弱点、非常点灯な前照灯の簡易常点灯化を。今回はちゃんとライト基板を外してから作業しました。
…が、コンデンサを除去する際、LEDの端っこをはんだごてで溶かしてしまいました(汗)
幸い機能的には問題なかったのですが、私の場合は基板を載せたまま作業する方が慎重になって良いのかも(苦笑)

イメージ 3

次はナンバープレート取り付けとカプラーの付属品ナックル化を。
いつもなら片側はTNカプラーを加工のうえ取り付けるんですが、今回はKATO製EF58の補機専用なので、両側とも付属品ナックルとしました。

イメージ 4

側面のナンバープレートも取り付け。メーカープレートが印刷済なのも有り難いですし、ナンバープレートも切り出しだけ注意すれば、簡単かつ綺麗に取り付けられる精度と仕組みが有り難いです。

イメージ 5

そして屋根上ですが、ベンチレーターを付属のガーラント形に交換しました。こちらの方が武骨さが増す気がします♪
あ、ナンバーもそれに合わせてチョイスしました。
これで作業完了。イライラするホイッスルや信号煙管の取り付けが無いのは本当に楽チンで、わずか30分で整備完了です♪

イメージ 6

そしてこの電球色! 常点灯さえすればKATO機のライト周りは完璧ですね♪
10系寝台急行“天の川”に使うのが楽しみです。
それでは、また。