こんばんは。

イメージ 1

KATO製の475系整備、まだ続きます。
古さを感じさせない良い出来の車両ですが、リニューアル165系をはじめ、いまや前面幕点灯は当たり前(?)で、そこはどうしても見劣りします。
ですので過去に153系等でもやった前面幕の点灯化を、こちらも先頭車2両に施工します。

イメージ 2

まずは前面幕部分をくり抜きます。153系等と違って前面幕が非透過性の別パーツ化されていて、その取り付け用に空いていた穴を取っ掛かりにできたので多少は楽でしたが、それでも怖い作業には違いありませんが(滝汗)

イメージ 3

くり抜いた幕部に埋め込んだのは、これまでのアクリル板ではなく、キハ58系の付属品にあった無地の前面幕用パーツです。透明度が低い方が明るさを抑えられると期待しました。
本当は「急行」の文字が印刷済のを使いたかったですが、既にキハ58系で全部使い切ってましたので(涙)

イメージ 4

光源は以前の時と同じく、白色LED・CRD・ブリッジダイオードをライトボックスの上に配置。そしてライトボックスの端に小さな穴をあけてライト基板からポリウレタン銅線を通してブリッジダイオードに接続する形で給電しました。
あとLEDは前面以外への光の拡散を防ぐためビニールテープを巻いてます。

これで今回の作業完了。あとは組み立てに入るだけです♪
それでは、また。