こんばんは。

イメージ 1

475系の整備記事の続きです。
ライト類だけでなく室内灯も装備するための準備を。台車側の集電シューは標準装備されてます。しかし…

イメージ 2

車体側の集電板はライト類を実装する先頭車の2両のみしか装備してません。
純正の旧室内灯(麦球仕様)には集電板が付属してますが、手持ちはとっくに無く、これまでは全く同じ形の集電板を銅板から切り出して自作してました。
しかしこんな面倒な形状のを10両分=40枚も作るのはかなりの手間と時間が必要で、そんなことやってられません(涙)

イメージ 3

そこで銅板を用意して違う形状にケガキをして…

イメージ 4

こんな形に切り出しました。

イメージ 5

これを40枚(汗)
かなりシンプルにしましたが、これでもたいがい疲れました(涙)

イメージ 6

これを集電板設置位置に、こういう風に配置して、両面テープで留めてしまいました。
これで下準備は完了。次は電飾関係になりますが、それは次の記事で。
それでは、また。