こんばんは。

昨晩の記事はおふざけでしたが、今回は真面目に入線記事です。

イメージ 1

KATO 5216 スハフ44。単品で2両。先日の関西帰省の記事でお土産として載せたヤツです。
帰省の少し前に「かしましハウス」さんから、三光堂さんに新品が残ってるとの連絡があり、押さえてもらってました。ほんまにいつもお世話になります♪

イメージ 2

とりあえずちゃぶ台へ。
捜索願いを出すほど欲しかった車両が手に入って嬉しいですが、見た目はただの旧客です(笑)
しかし車掌室側の妻面の表記が美しいです♪ さすがKATOさんですね。

イメージ 3

側面はアルミサッシが特徴的ですね。
古くノスタルジックな車体の中で銀色に輝くサッシが何とも違和感みたいなものがあって、個人的には好みです♪

イメージ 4

屋根上はシンプルそのもの。しかし地味とはいえベンチレーターの造形などは抜かりありません。安定のKATO車ですね。

イメージ 5

そして二重窓と並ぶ北海道客車の証、車軸発電機。旧客の重厚な台車が更に武骨に見えますね。

イメージ 6

そして旧客の緩急車といえばやはりコレ。美しく、そして旅情と哀愁を漂わせる尾灯です♪
やめられまへんなぁ!

さて、これで役者は揃った感じです。さっさと整備して編成を組んで走らせたいですね!
その前に体調を戻さなきゃ、ですが(汗)
それでは、また。