こんばんは。

イメージ 1

北斗星・北海道編成の整備に続き、牽引機の整備をしました。まずはEF81からです。

イメージ 2

状態は非常に良いので、清掃関係はスキップ。通電状態にデリケートに反応する室内灯がありませんからね♪
電飾関係は橙色の前照灯の更新だけです。とりあえずボディを外してライト基板を取り出して、と。

イメージ 3

元の橙色LEDを潰して除去し、電球色濃い目のLEDをはんだ付けして完了♪

イメージ 4

カプラーは客車と連結する側は付属のTNカプラーを取り付けますが、先頭側は見映えの良いKATOナックルカプラーにします。もちろんそのままでは取り付けれないので、元のアーノルドカプラーのマウントパーツに押し込んでGクリアで接着。

イメージ 5

これをセットしてカプラー交換完了。さらにナンバープレート、前面手摺、ヘッドマークを取り付けました。
やっぱり付属パーツが付くとカッコ良くなりますね♪

イメージ 6

側面のナンバープレートも装着。日立製の98号機をチョイスしました。

イメージ 7

信号煙管とホイッスルも取り付け完了。今回はトバすこともなく無事に取り付けれました(笑)
これで整備完了です。

イメージ 8

やっぱり電球色に輝く前照灯は美しいです!
何でこれを標準装備してくれないんですかね、TOMIXさん。

次はDD51の整備が待ってます。こちらも週末には間に合わせたいですね。
それでは、また。