こんにちは。

今年もいよいよあと半日となりましたが、ここで私が今年買った鉄道模型の総括をしようかと思います。

今年買った車両数ですが、新品からジャンク、機関車から貨車まで一切合切纏めて合計……416両(滝汗)
年初に言った「入線は少な目に」などというセリフはどこへやら…(苦笑)

イメージ 1

そして所属車両は1226両にまでなりました(滝汗)
そりゃ置く場所もありませんわ…
メーカー別には、メーカーの規模順みたいな感じで順当です。電車が圧倒的に多いのも、ウチでは相変わらずですね。
今度は実車の新製(大規模改造)時期別に分類しても面白いかもしれません♪

で、今年入線した車両で個人的に感慨深いベスト10をチョイスしてみました。

イメージ 2

まずは何と言っても207系旧塗装です。
昔手離した後悔をようやく払拭できました。

イメージ 3

223系6000番台は、2セット揃うか疑問でしたが、無事に揃って「直通快速」が作れました。

イメージ 4

10系他の旧客による急行“さんべ3号”は、オロハネ10を単品で見つけたことが、この列車を作るキッカケになりました。

イメージ 5

2000系特急“しおかぜ+いしづち”は、JR全社の特急車両を揃える最後の壁で、プレミア覚悟でオクに挑みました。

イメージ 6

153系急行“比叡”は、何となく買ったら意外に「伝統の東海道電車急行」の美しさにハマってしまいました。

イメージ 7

485系3000番台・上沼垂色は待ちに待った再販で、これで日本海縦貫線が繋がりました。

イメージ 8

HOT7000系特急“スーパーはくと”はジャンク入手でしたが、少しの部品欠損以外は完璧で、実車同様爆走しています。

イメージ 9

キハ82系特急“まつかぜ”は、子供の頃に大阪駅で見れた数少ないDC特急かつ「博多行き」で、憧れの列車の一つでした。

イメージ 10

885系特急“かもめ”は、初めてKATOの初期振り子機構を見た車両で、実車よりも模型の方がインパクトがありました。

イメージ 11

最後は167系「しんせんやまなし」色。
まだ封を開けたくらいしかしてませんが、PEAへの増結運用が楽しみです。

まだまだ思い入れの深い車両も多いですが、来年はどうなることやら。
いきなり“ゆったりやくも”やら“マリンライナー”ならがありますし、733系も出ますしね…安寧の日々はまだ先になりそうです(汗)

では、今年もあと半日ですが、皆様良いお年をお迎え下さい。