こんばんは。

イメージ 1

先日、関西地方から甲種回送されてきた中古のGreenMax製キハ75です。

イメージ 2

当然全バラ整備予定でしたが、その前に土曜日の夢空間さん訪問時に軽く試運転を。
ところが走行20cmで突然ストップ。
灯火類は点灯してましたがモーターは無反応状態(汗)
やむなく一度引き上げ、しばらく放置後に動かすと走り出しましたが、何周かの後に再度ストップ。何が原因しょうか…?

イメージ 3

バラしていくと、動力系のあちこちがけっこう汚れてます。
まずは動力台車ですが、台車のギヤはそれなりにキレイなものの、ウォームギヤは汚れて劣化したグリスがカチカチに固まってます。

イメージ 4

集電板もそこそこに汚れてます。しかし…

イメージ 5

驚いたのはモーター。
というか、モーターのコイル部付近に、炭化した油の残骸と思われる黒い粉がけっこう付いてます(滝汗)
そしてモーターを外すとダイキャストの底にも黒い粉が溜まってました(爆汗)
こんなの初めて見ました。
ウォームギヤに固着した油と併せて、これではいつ煙を噴いても不思議じゃないかも、です(汗)

イメージ 6

イメージ 8

幸いTOMIX動力仕様なので、ストックしていたTOMIXのM5モーターの新品に交換することにしました。

イメージ 7

イメージ 9

T車のウェイトも白く劣化してます。
こちらもTOMIXのNo.2ウェイト(PZ6282)そのものなので、ストックの新品に交換しました。

イメージ 10

そして他のパーツはいつも通り洗浄・清掃しておきました。

次はライト周りですが…それはまた次回に。
それでは、また。