こんばんは。

昨日の記事の最後に少し掲載したヤツです。

イメージ 1

MicroAce A-9565 223系6000番台・6次車です。某オクから引っ張ってきました♪
少し前から探してましたが、適価で状態も良さそうなものが出品されてましたので、つい…(汗)
争わずに済んだのは助かりましたが。

イメージ 2

ご覧の通り4両セットです。
えぇ、キレイで良い状態ですよ♪

イメージ 3

いつも通り並べました♪
両先頭車の運転台側カプラーが元のダミーから1段電連付のBMTNに交換されてます。もちろんそれも知ってのうえでの落札です。

イメージ 4

そんな小改造された車両の、まずはお顔から。
スカート周りが相変わらず寂しいのと、BMTN化で若干スカートが傾いている以外は、好ましい表現ですね。
それにやはりWパンタの前パンが厳つくてカッコええです♪

イメージ 5

横から見ると、やはり特徴的なWパンタが目立ちますね!
窓回りなど、MicroAceさん特有のクッキリした表現ですが、103系とかと較べると少し抑え目に見えます。
あと塗装は文句無しに美しいです♪

イメージ 6

パンタ車の屋根上です。
Wパンタのわりには、屋根上機器はスッキリしてます。
そしてMicroAce特有の、残念なフラフラパンタ…これだけは残念です(涙)

イメージ 7

シールも全て未使用です♪
まぁ私が使ってしまうわけですが…

イメージ 8

前照灯、点灯!
…なんやコレ…(涙)
幕は白く美しいのですが、肝心の前照灯はヘンな色&尾灯まで光ってます(涙)
どうやらコレがデフォルトのようですが、明らかに着色導光体のしわざですね…
さぁ、少しでもマシにできますかね~

イメージ 9

尾灯点灯です。
こちらは赤い光がハッキリしていてキレイです♪

この6000番台、KATOからも出てますが、あちらはシングルパンタ仕様なので眼中にありません。
このWパンタ、つまり関西線~おおさか東線~片町線~JR東西線の直通快速が欲しいわけですから。

イメージ 10

そう、コレです。東西線のホームドア設置に不都合なので早々に207系に取って変わられましたが、関西線初の223系定期列車なので、やはり所持したいです。
そうすると、あと1セット入手しなければ…文字通り道半ばです。

それでは、また。