こんばんは。

今週に入って残業が続いていて、模型弄りどころではない状況です(涙)
ですので、今夜はまた所属車両紹介。第70回はうちでも最古参の部類になるこの方です。

イメージ 1

イメージ 2

KATO 703 DE10です。
古いタイプのスリップと、発泡スチロールの中敷き…時代を感じます。
そりゃそうです、もう30年以上前の製品です。ちなみに20年以上、実家の押し入れに眠ってたのを発掘しました。

イメージ 3

イメージ 4

ウェザリングだけでなく、一部解放したボンネットやら、一部パーツの欠落やら、色々ありますが、古い製品にしては良い造形と思います♪

イメージ 5

正面から。 ライトレンズも紛失しています(涙)

イメージ 6

上から。 「汚し」に隠れてますが、し実はひび割れもあります(更に涙)

イメージ 7

足回り。台車の集電方式は集電シューや集電板ではなく、ブロックみたいな塊で…古いですが、この方式のDD51北斗星色もあるので、けっこう使ってたんですね~

イメージ 8

前照灯は当然麦球です。
確か「低電圧点灯」という仕様になっていて、停止時からライト点灯できるモノです♪
もう少しオレンジか薄目だと良いんですが、これでも悪くないかな、と。
ちなみに紛失したライトレンズは、裏からGクリアで埋めて再生し、点灯時の違和感を改善しました(笑)

イメージ 9

「所沢市電気鉄道」さんにて。12両のコキくらいは余裕をもって牽けます♪

イメージ 10

「RailGarden」さんにて。コキ運用よりは、工業地帯的な風景でタキの小編成を牽くのが似合う気がします♪

動態保存的な扱いですので、無理をさせず労りながら、末永く走らせたいです。

それでは、また。