こんばんは。

昨晩は「まだ夜は長い」と書いておきながら、記事をUP後30分程度で寝てしまいました(爆)
で、今日は朝から模型弄りでしたが、途中でガス周りの点検。その時の作業員のお兄さんが私の部屋のディスプレイモジュールに反応。
そのお兄さんもかなりお好きらしく、10分くらい盛り上がってしまいました(笑)
もちろん、ちゃんと点検していってくれましたよ♪

…前置きが長くなりましたが、作業内容です。

イメージ 1

GM製 近鉄2610系 旧塗装です。
うちの近鉄車は全て'70年代の車両で、一般車も新塗装車は入線対象外です。
幼少期の近鉄が好きだから、という理由で、そうでもしないとまた物欲に負けそうです(苦笑)

そんな2610系ですが、不満は色々あります。ツインモーターの騒音とか…
でもこれが一番不満です。

イメージ 2

憎っくき橙色の前照灯です。
せっかく種別表示灯まで光るのに、これでは台無しですね(涙)

イメージ 3

バラしてライトボックスを取り出し、分解しました。
遮光を含めてよくできたライトボックスですが、導光体がめっちゃ繊細で、取り扱いには要注意です。
実際、種別表示灯箇所を1箇所折りかけました(汗)

イメージ 4

おー敵ながらあっぱれな橙色です。
……追放!

イメージ 5

前照灯・種別表示灯用のみ、3216の電球色チップLEDに交換しました。

イメージ 6

おーキレイな電球色です♪
ちなみに種別表示灯は、急行では向かって右側のみ点灯なので、左側は黒マッキーで塗り潰してしまいました。
あと、実車の種別表示灯自体は黄色がかっつますので、点灯させる右側は黄色マッキーで着色。写真では判りにくいですが、それなりの黄色で丁度良いです♪

この2610系、もうひとつ手を加えましたが、それは次回に。

それでは、また。