2020年06月

こんばんは。

IMG_20200617_121150

DE10に続いて、同時入線のKATO製EF210も整備しました。こういうのは勢いが大事ですから(笑)
こちらも中古入線ですので、しっかり整備をしておきましょう。

IMG_20200617_121211

しっかり整備する以上は、全バラは必須ですね。そしていつも通り集電系の洗浄と、ギヤ廻りの清掃&グリスアップを。普段はKATO車のギヤ廻りにはユニクリーンオイルを使うのですが、今回は他社品用に使っているタミヤのセラグリスを使ってみました。
どっちがいいか、少し様子を見たいと思います。

IMG_20200617_121228

そして前照灯の簡易常点灯化を。先日のEF80と違って、いつもの場所に普通サイズのコンデンサがありました。これなら老眼でも問題ありません(笑)

IMG_20200617_121252

はい、さくっとコンデンサ撤去完了です♪

IMG_20200617_121305

が、こちらはサクッとはいきません。KATO車には珍しく、というかKATO車にあるまじき、この付属品の多さ。穴あけがないのはTOMIXより良心的ですが、手摺りとかホイッスルとか、ホンマに勘弁してもらいたいです(涙)

IMG_20200617_121316

ホンマにKATOらしくありませんが、とりあえず屋根上の付属品から。GPSアンテナ、無線アンテナ、信号煙管、ホイッスル、避雷器…

IMG_20200617_121331

そして前面の手摺り、解放テコ、前面&側面のナンバープレートまで取り付けました。時間もかかりましたし、ホンマにめんどくさかったです(涙)
停止状態で電球色に明るく美しく光る前照灯を拝めることだけが救いです。
それでは、また。

こんばんは。

IMG_20200616_091224

先日入線したTOMIXのDE10、さっそく整備に取りかかりました。購入時に音が少し大きいとの記載もあり、試走時には大して気になりませんでしたが、しっかり整備しておきましょう。

IMG_20200616_091249

しかしこんなところに集電板があるんですね。そういえばTOMIXの凸形ディーゼル機の全バラは初めてです。DD51整備時はボディを外しただけでしたし。

IMG_20200616_091301

そんなわけで全バラ完了です。で、先ほどの集電板を含めた通電系の洗浄と、駆動系の清掃・グリスアップを。ギヤ回りのグリスがカラカラになってたのが音の原因っぽいですが、とにかくここは丁寧かつ念入りに作業しておきました。

IMG_20200616_091333

次はこの憎き橙色LEDへの対処です。

IMG_20200616_091347

手持ちの2016サイズの濃い目電球色LEDにリプレース。ま、いつもの作業ですね。

IMG_20200616_091320

そしてナンバープレートとホイッスルを取り外しました。前ユーザーさんの取り付けはキレイにされてましたが、ホイッスルはカバーなし、ナンバーも一般仕様で落成した機体でしたので、カバー付きホイッスルと、A耐寒仕様で落成した機体のナンバーに交換です。
接着剤固めではなかったので、取り外しは裏から爪楊枝で押すだけ。前ユーザーさんの扱いは良かったようですね。

IMG_20200616_091407

そして全整備を終えて組み上げ完了。
電球色で美しく光る前照灯を見ると、いつも報われた気になります♪
贅沢を言えば、もう少しビカッ!と光るとうれしいですけど。

IMG_20200616_091420

屋根上は先述の通りカバー付きホイッスルに替えました…あんまり目立ちませんけどね(笑)

で、走行音ですが、軽く走らせた限りでは抜群に静かになりました。もちろんギクシャク感も皆無。
整備前の状態も全然悪くなかったですが、いつもの整備を少し念入りにしただけであっさりと格段に良いコンディションになりましたし、良い拾い物でした♪
それでは、また。

こんばんは。

前回記事のDE10と一緒に、こちらも中古で入線させました。

IMG_20200615_213833

KATO 3034-4 EF210形100番台 シングルアーム仕様です。個人的には下枠交差パンタの方が好みですが、前回記事のDE10ほどではないにしてもお買い得なお値段で転がってましたので、一緒にテイクアウトしました(笑)

IMG_20200615_213845

とりあえずちゃぶ台へ。
個人的には新塗装車よりも旧塗装車の方が明るくて好きです。やっぱり登場時のオリジナル塗装ってどんな車両でも一番似合う気がします。

IMG_20200615_213856

まずはお顔です。単純な箱形ではなく前頭部が「くの字」形なのは、EF66から続くデザインの流れなんでしょうかね。

IMG_20200615_213906

サイドビューです。
「JRF」の文字と「桃太郎」の文字が目立ちますね。フォルムそのものは前面の「くの字」も含めて、EF66やEF200と較べて柔らかい印象がします。

IMG_20200615_213925

屋根上は…こんな感じなんですね。同じ直流機で屋根上機器が目立たないとはいえ、国鉄機とは全く違います。

IMG_20200615_213938

で、前照灯点灯。相変わらず常点灯しないので、無理やり撮影しました(苦笑)
ただ、電球色LEDで美しく、そして明るく光ります。
牽引力はTOMIX製より劣りますが、この美しさと明るさはKATOならではですね。

さて「桃太郎」のお話、一部地域では「身体の大きい怠け者」と伝わってるらしいですが、一般的には働き者で勇敢ということで、EF210の実車も働き者ですし、模型の方もしっかり働いてもらいましょう。……怠け者はご勘弁です(笑)
それでは、また。

こんばんは。

緊急事態宣言も東京アラートも解除されましたが、まだ積極的に都心に行く気にはなれません。といっても自粛慣れしたわけでもなく…
で、暇潰しに都心からは離れたポポンデッタを少し廻ってみました。

IMG_20200614_201517

で、買ってきました(笑)
TOMIX 2222 DE10 1000番台。中古で音が少し大きいとありましたが、試走した感じではそれほどでもなかったのと、3000円チョイだったので。

IMG_20200614_201529

とりあえずちゃぶ台へ♪
セミセンターキャブな中型の機体が特異な姿に思えます……といっても製造両数が多く、入替から優等列車牽引まで、日本全国で活躍した万能機関車なので、珍しさは皆無ですが。

IMG_20200614_201541

まずはお顔から。国鉄制式ディーゼル機のお顔ですが、A耐寒仕様の旋回窓とスノープロウが重厚で良いですね♪

IMG_20200614_201553

サイドビューです。DE10らしいセミセンターキャブを、いいプロポーションで再現されてるかと。
ただ、何か車輪が目立つというか…
以前から気になってるのですが、TOMIXの機関車って車輪が目立つというか、車輪が大きい気がするのですが…気のせいですかね。

IMG_20200614_201605

で、上方からですが、ボンネット上のファンの彫りが浅いのが少し残念です。側面のラジエーターの彫りもですが、こういう表現はKATO車の方が好みです。ただ牽引力はTOMIX機の圧勝なので、いつも悩むんですが。

IMG_20200614_201616

でも、TOMIXも表現で手を抜いてるなんてことは決してありません。黒いランボードはちゃんとメッシュ状になっていて、いいワンポイントになってます。

IMG_20200614_201630

で、前照灯。思った通りの憎き橙色。まぁどうせ交換しますけどね。

実はDE10って、マトモに入線したのは初めてです。
ウチにはこれまで、動体保存機のKATO超旧製品と、MicroAceの和田岬線トンボ列車セットの2両(うち1両は無動力)しかありませんでした。
そして今回、本当は同じA耐寒仕様の1500番台が欲しかったんです。
その理由は…
IMG_20200614_201700

コレ。14系急行“天北”の牽引をメインに使いたかったんですが、当時の牽引機は全て1500番台。
まぁ1000番台と1500番台の違いはSGの有無だけで外観は殆ど変わりませんし、旧客牽引にも使うことを考えるとSG搭載の1000番台の方が使い勝手が良いですので、これでOK。
また貸しレさん営業再開が楽しみになりました♪
それでは、また。

こんばんは。

首都圏も中心地東京の東京アラート解除にあわせて色々動き出した感があります。が、まだまだ安心できる感じでもなく、用心々々です。

で、今週も再整備。

IMG_20200613_234734

今回はMicroAceの785系。「実績の」MicroAce車の中古でしたので、入線時の整備は念入りに行ったのですが、最近またM車の走行音が大きくノイジーになってましたので、M車だけを全バラしました。

IMG_20200613_234806

で、車体側の集電板を磨いてた時です。集電板が「ペキッ」て……写真左下の赤丸部分が折れました(涙)
コスト削減なのか何なのか、確かに集電板の厚みが薄いとは感じてましたが…いや、私のミスですね。
仕方なく、該当部分を「はんだブリッジ」で繋げて補修し、はんだ部分をビニールテープで被ってダイキャストと触れないようにしておきました。
あとはいつも通りの洗浄・清掃&グリスアップで作業完了です。

IMG_20200613_234837

そして最近恒例の「エセ谷田部」へ(笑)
走行音も動きもかなり良くなりました♪
集電板が折れた際は冷や汗をかきましたが、結果オーライということで。
それでは、また。

↑このページのトップヘ