2020年02月

こんばんは。

IMG_20200216_212904

鉄コレ72系仙石線アコモ車の加工も大詰め、残すは動力車となるモハ72975のみとなりました。
しかしこちらは加工以前に大問題が。本来の指定鉄コレ動力のTM-17がどこにも売ってません。しばらく再販が無く、プレミア価格になってます。もちろん、そんなの買いません。しかしまさかTOMIXの72系を買って動力ユニットだけを抜き取るなんて論外です。

IMG_20200216_212926

そこで用意したのはTM-18の鉄コレ動力。軸間距離やホイールベースが比較的近いのがコレでしたので。もちろんよく見ると若干違いはありますが、まぁ鉄コレの床下機器自体、多少の差異があるので、ここは眼をつむります(苦笑)

IMG_20200216_212942

しかしそれでも、TM-18に付属のDT33では、72系新製車が履くDT17やDT20とは明らかに違うので、使う気にはなれません。
そこで元々履いていたトレーラー台車から枠だけ切り出して、それを動力台車に接着してしまいました。
見るからに荒業ですが、台車の集電板のピボット部を圧迫しないよう、少し厚めに切り出してから、現物合わせで調整するくらいはしました(笑)
あとは動力ユニットの集電スポットに室内灯ユニット用のポリウレタン銅線をはんだ付けしてから車体を被せて、BMTNカプラーを取り付け。

IMG_20200216_213004

そしてT車となったモハ72976ともども、チャチな標準装備パンタをTOMIX白箱のPS13に交換して、長かった作業は全て完了です。

IMG_20200216_213018

IMG_20200216_213029

IMG_20200216_213048

そしてご褒美ターイム!
幕は光らないとはいえ、前照灯も尾灯も堪らなく美しいです! もちろん光漏れも透けもありませんし♪
室内にチラ見えするポリウレタン銅線を無視すれば室内灯も良い感じて、いつもながら報われた感で満腹です♪
あとはT車の転がりも含めて、うまく走ってくれるか…それが一番大事なんですけどね(苦笑)
それにようやく1編成仕上がったとはいえ、次は62系身延線アコモ車の加工が待っていて、まだ途半ば、です。
それでは、また。

こんばんは。

金曜に体調を崩しました。幸いなことに土曜の午後には回復しましたが、油断大敵です。例の新型ウィルスのこともありますしね。

IMG_20200216_212527

さて、加工が続いている鉄コレ72系仙石線アコモ車です。
灯火類の点灯化のためのライトユニット設置まで終わりましたので、ここから組み付けに入ります。

IMG_20200216_212541

車体側の集電板に使うのは、いつもの燐青銅板ではなく、ストックしたまま使う機会なく余っていたGMの集電板です。
水平がキチンと出てるので、作業が少しでも楽になる…との期待からです。

IMG_20200216_212732

ま、結局はそのまま使えないので、適当にカットするわけですが(苦笑)
カットしたあとは車体に両面テープで固定。そして台車、ライトユニット、自作室内灯ユニットから延びるポリウレタン銅線をはんだ付け。
しかしヤワなプラ製床板に直に載せた集電板にはんだごての熱をかけるのは本当に怖いです。とにかく慎重に、そして時間をかけず素早く…いつも一番嫌な作業です(滝汗)

IMG_20200216_212746

もちろん、はんだを盛った箇所は内装パーツと干渉するので、そのまま設置できません。
ですので、内装パーツも干渉箇所やポリウレタン銅線の通り道になる箇所を適宜切除します。
この作業も、パーツが割れないよう慎重に…めんどくさいです(疲)

IMG_20200216_212803

そしてポリウレタン銅線を通しながら内装パーツをセット。

IMG_20200216_212821

カプラーは今回も全面的にBMTNを採用。但しクハの運転台側は今回も尾灯用ライト基板との干渉を避けるために一部切除してあるので、そのままBMTNは取り付けれません。なのでいつも通り、取り付け部等を切除のうえGクリアで接着。そしてボディとの隙間からの光漏れ防止のために遮光用のプラ板を設置しておきました。

これでT車となるクハ79の2両とモハ72976の加工は完了。ライト回りと運転台下のカプラー取り付けを除けば、クハとモハの手法&手順は同じです。
あとはM車となるモハ72975を残すのみ。ライトやら集電化加工が不要な分だけ楽チン…と言うわけにもいきませんが(苦笑)
それでは、また。

こんばんは。

IMG_20200209_000016


鉄コレ72系仙石線アコモ改善車のN化工事の続きです。
前回、灯火類の設置準備まで完了しました。

IMG_20200212_123931

で、設置するライトユニットを作りました。いつもと同じ、苦手なポリウレタン銅線を使いまくった、チョウチンアンコウみたいなヤツです。
LEDは前照灯用には電球色を、尾灯用には赤色を2丁掛けで、2016サイズのチップLEDを使いました。
老眼対策でチップLEDはフレキシブル基板に乗せましたが、それでもポリウレタン銅線の接続はキツいです(涙)

IMG_20200212_123944

そして遮光用のプラ板とともにGクリアでライトの直後に接着。もちろんレンズパーツもレンズ部だけ切り出して接着してあります。

この状態でLEDの店頭確認をしたところ、強めにした抵抗のおかげで、適度に明るい、良い具合になりました。もちろん光漏れも無し♪
あ、点灯画像は全部の工事が終わってからupしますね。
それでは、また。

こんばんは。

昨日の記事で、久々に新幹線を高速走行させましたがその後は一転して「夢空間」さんでももっとも速度の出せない線に移りました…はい、路面線です♪

IMG_20200210_123035

こちらはちっちゃい車両が低速でトコトコ走る、癒しの路線です(笑)
ま、こちらは新手の車両はほとんど無いですが(笑)
とりあえずレールに乗せにくい広電グリーンムーバーとか。

IMG_20200210_123050

京阪石山坂本線の600系&700系とか。

IMG_20200210_123112

IMG_20200210_123126

京津線800系も交えての併用軌道祭り♪
年末に乗ったのが思い出されます。というか、また乗りに行きたいです、ホント。

IMG_20200210_123150

車幅灯もキレイに光ってますし♪てか、右横の「チカン注意」がリアルで(笑)

IMG_20200210_123238

そしてウチの路面電車の夜景担当、富山ライトレールTLR0600の出番♪
スピードが上がらない分、小さな周回路でもゆっくり見れますし、灯火類も室内灯もちゃんと点灯するので、本当に癒されます。

IMG_20200210_123205

そうそう、TLR0600ですが、昨年末に鉄コレのオレンジ色を入手して、動力ユニットも装備しました。
が、連接部の動きが今一つ渋くて…多分個体の問題ではありますが、また鉄コレの宿題ができてしまいました(涙)

それでは、また。

こんばんは。

週末の癒しの時間ですが、今回は少し様相を変えて、癒しというよりストレス発散的にいきました。

IMG_20200209_103021

ストレス発散といえば、高速でぶっ飛ばせるる新幹線です。まずは台湾高鐵700Tを。
日本の新幹線とは違うカラーリングがキレイです♪

IMG_20200209_103035

逆に日本の新幹線のカラーリングの代表格とも言える白ベースに青ラインの東海道新幹線の300系。
そういえば300系って全てこの色で、最後まで塗り替えされなかったですね(多分)。

IMG_20200209_103938

次は700系7000番台。JR西日本はグレーが好きですね。シックな大人の雰囲気がよく似合います。

IMG_20200209_103954

そして今回が初走行となるN700系8000番台です。薄いブルーの爽やかな車体は高速走行が似合いますね~

IMG_20200209_103923

そしてようやく、現代の新幹線シーンを手持ちの編成で再現できました♪
700系7000番台が「こだま」運用になり下がってるのは寂しい限りですが、山陽新幹線らしいシーンです♪

と、約2時間、高速列車を高速でかっ飛ばして、少しスッキリしました♪
このあとまだ続きがありますが…それは次回の更新で。

IMG_20200209_104021

そうそう、全く余談ですが、ちょくちょく見かけるこの会社の自販機、色やロゴの配置がN700系8000番台に何となく似てるような…って、本当にどうでもいいですね(苦笑)
それでは、また。

↑このページのトップヘ