2018年11月

こんばんは。

三連休初日の金曜日、早朝4時半から動いてました。

イメージ 1

まだお月さまが出てますね。しかもキレイな満月で。

イメージ 2

静岡県に突入。朝日を浴びて輝く富士山は壮麗の一言♪

イメージ 3

ですが一般道ではこんな山道も進みます。ここはまだマシで、細い急登の道や落ち葉で埋まった道、落石が転がる道など…まぁ慣れてますけどね(苦笑)

イメージ 4

そして目的地、大井川鐵道の青部駅に到着。はい、今回は年賀状用の写真撮影です。
先週ひいた風邪は治りきってませんが、12月に入るとSL列車の本数が激減しますし、年末までのカレンダーを考えると快晴を狙えるこの日を逃がすことは出来ず、思い切って来ました。

イメージ 5

しかし鄙びた良い駅です。5年ほど前に一度来て魅了された、お気に入りの駅です♪

イメージ 6

お、到着早々16000系のお出迎えです♪
近鉄吉野線を思わせる長閑なローカル線の雰囲気にピッタリです。そして近鉄特急車はやっぱりこの色です!
まさかここでも塗り替えられる…ことは無いですよね(苦笑)

イメージ 7

他の撮影候補地のロケハンも簡単に行ってから、千頭駅でちょっと時間調整。こちらもちょうど井川線のトロッコ列車が発車したところ。
ここも一度乗りましたが、また乗りたいですね~

ここからは田野口~青部~崎平付近を右往左往しながらの撮影行です(笑)

イメージ 8

まずは本命の撮影地・青部駅で。
本日1本目の下りSL急行はC11-190牽引で、客車は電車改造のお座敷客車スロ80、スイテ82にスハフ43を加えた、贅沢な布陣の3両編成です♪

イメージ 9

こちらは2本目の下りSL急行…の後補機ED500です。ちなみに牽引機はC10-8で、客車は…トーマス用の橙色のが7両(滝汗)
ここでも橙色が私を悲しませます(涙)
まぁでもアレで増収出来てるならやむ無しですがね。

イメージ 10

こちらは青部~崎平間の大井川第二橋梁で。線路付近の「撮り鉄さん」達からは少し離れた道路脇から。
南海21000系も元気ですね♪

イメージ 11

そしてやって来た下り3本目のSL急行はC11-227牽引で、5両くらいの茶色の旧客を引いてました…電機の補機付で。
しかし判っていたとはいえ見事に電線が掛かりましたね(苦笑)

イメージ 12

同じ列車を側面から。
こちらは茶畑の中を走る姿をキレイに撮れました♪

イメージ 13

イメージ 14

最後は上り1本目のSL急行を田野口駅から。編成は下り1本目と同じです。
しかしこの駅も長閑で緑が多くて良い駅です♪
そして少しは秋らしく撮れましたかね。

これで撮影行は終了。島田金谷ICから新東名に乗って帰路につきました。
年賀状用の写真もまずまずのものが撮れましたし、ずっと快晴で気持ちいい一日になりました♪
あ、年賀状用の写真は元日にupします。
といっても大したことない写真ですが(苦笑)

それでは、また。

こんばんは。

先週末になりますが、PCを弄りつつも、ちゃんと「夢空間」さんにはお邪魔してきました。三週間ぶりでしたからね。微妙に体調が「おかしいな」とは思いつつも、行かない選択肢はありませんでした(笑)

今回は先日の関西帰省で思い立った「京都~大阪間のJR特急」をテーマに走らせました♪

イメージ 1

イメージ 2

まずは283系“オーシャンアロー”と289系“くろしお”の南紀特急コンビから。
こうして見ると貫通型のお顔もなかなか美しいですね♪

イメージ 3

更に281系“はるか”を投入。京都~大阪間というより阪和線状態ですね(笑)

イメージ 4

が、次に投入はHOT7000系“スーパーはくと”。先日まさに京都~大阪間で乗車しました。というか、コレに乗ったことが「HOT7000を走らせたい!」という刺激になって、今回のテーマ設定になりました。

イメージ 5

続いて287系「こうのとり」…は今回のテーマからすると新大阪~大阪間しか走ってませんけどね(汗)
まぁ287系は京都でも大阪でも見れるので、そういうことで勘弁しておいてください(笑)

イメージ 6

そしてやはり北陸特急は必要でしょう!
そして関西といえば“雷鳥”ですよ!
今回の持ち込み車で唯一の国鉄形、485系の“さよなら雷鳥”編成を投入♪

イメージ 7

そして当然、681系“スーパー雷鳥(サンダーバード)”も投入して今回の持ち込み車両は全てです。

しかしこの区間はいろんな車両が走ってましたね。そして今でも車種は豊富で楽しいです。

そうそう、「夢空間」さんも冬支度が始まりました。

イメージ 8



それでは、また。

こんばんは。

イメージ 1

水曜日は体調が戻らない中で、岐阜出張でした。
ルートはいつも通り、東京から新幹線で名古屋に出て…

イメージ 2

「わんわんの店」を経由して(爆)

イメージ 3

313系8000番台、元セントラルライナー車でお仕事先へ向かいました。
今更ですが、8000番台って他の313系より窓が大きい…? 気のせいですかね。

と、発車を待ってたところ、すぐ近くでエンジン音が。そしてステンレス車体に青帯が見えて…

イメージ 4

おぉ、キヤ95「ドクター東海」に遭遇!
どうやら後から増備された第二編成です。ええモン見ました♪
しかし9月は確か同じ時間に同じ場所でキヤ97と遭遇しましたが、この時間のこの場所は、そういうスジが埋まってるんでしょうかね~

イメージ 5

イメージ 6

しかし寒暖差がかなり出てきたにも関わらず、まだ紅葉真っ盛りではない感じが。てか、もう終わったのか?それとも落葉広葉樹が少ないだけか?
でも晴天の田舎の風景はホンマに落ち着きますね。
そんなわけで、今日はお仕事後は体調を考えて、飲まずに真っ直ぐ帰京しました。

イメージ 7

こんなのを持って(笑)
これも「遭遇」ですね~

イメージ 8

中身はTOMIX 8401 キハ40-100 単品M車です♪
北海道のローカルにはコレとキハ22が必要ですよね!

イメージ 9

そんなわけで、313系の窓框を舞台に入線紹介です(笑)
やはり首都圏色はシンプルですね。個人的には国鉄一般色のツートンが好きですが、国鉄時代のキハ40にその設定はありませんでしたし、首都圏色も国鉄らしくて良いですね♪

イメージ 10

ビルをバックにお顔です。
何だか札幌近郊みたいに見えてきました(笑)
しかし相変わらず男前ないいお顔です♪
そして乱れようのない単色塗装が安心です。

イメージ 11

サイドビューは流れる景色を背景に、疾走感満載で♪
しかし小さな二重窓は本当に目立ちますね。Nゲージサイズで二重窓を本当に再現したら…難しいうえに誰も気付かなさそうですね(爆)

イメージ 12

屋根上は北海道の国鉄ローカル用らしく、クーラーなんぞ付いてません。ベンチレーターと水タンクだけですね~

列車内での紹介記事なのでライト関係は載せれませんが、試運転した限りでは、いつものTOMIXキハ40の感じでした。
しかし背景がコロコロ変わって面白いですね。しかもリアルですし(爆)

当面は増結の予定なく、単行で転がしたいと思います♪

それでは、また。

こんばんは。

昨晩の記事はおふざけでしたが、今回は真面目に入線記事です。

イメージ 1

KATO 5216 スハフ44。単品で2両。先日の関西帰省の記事でお土産として載せたヤツです。
帰省の少し前に「かしましハウス」さんから、三光堂さんに新品が残ってるとの連絡があり、押さえてもらってました。ほんまにいつもお世話になります♪

イメージ 2

とりあえずちゃぶ台へ。
捜索願いを出すほど欲しかった車両が手に入って嬉しいですが、見た目はただの旧客です(笑)
しかし車掌室側の妻面の表記が美しいです♪ さすがKATOさんですね。

イメージ 3

側面はアルミサッシが特徴的ですね。
古くノスタルジックな車体の中で銀色に輝くサッシが何とも違和感みたいなものがあって、個人的には好みです♪

イメージ 4

屋根上はシンプルそのもの。しかし地味とはいえベンチレーターの造形などは抜かりありません。安定のKATO車ですね。

イメージ 5

そして二重窓と並ぶ北海道客車の証、車軸発電機。旧客の重厚な台車が更に武骨に見えますね。

イメージ 6

そして旧客の緩急車といえばやはりコレ。美しく、そして旅情と哀愁を漂わせる尾灯です♪
やめられまへんなぁ!

さて、これで役者は揃った感じです。さっさと整備して編成を組んで走らせたいですね!
その前に体調を戻さなきゃ、ですが(汗)
それでは、また。

こんばんは。

先日の京都鉄道博物館で買ったやつです。

イメージ 1

クハ489-1とEF66-35号機です(笑)
とりあえずいつも通りちゃぶ台へ。
既にネタバレしてますが、とりあえずレビューでも。
とりあえずカクカクしてるのと、塗装がキレイです(笑)

イメージ 2

イメージ 3

サイドビューもカクカクしてます。そりゃそうですよね、箱ですから(笑)
そして残念ながら車体の途中でぶった切られてます(苦笑)

イメージ 4

バラしてみると、室内パーツ…ではなく、既に記事に上げた通り、漬物が♪
クハ489はしば漬、EF66はすぐき入り刻み菜漬。しば漬もすぐきも好物なので嬉しいですね♪
来週の休日の朝飯にお粥でも炊いて楽しみましょう♪

イメージ 5

ちなみに床下は…内容物表示と賞味期限でした。

ふざけた記事ですみません。なかなかネタが無いもので(汗)
それでは、また。

↑このページのトップヘ