2018年06月

こんばんは。

土曜日の「夢空間」さんでの運転ですが、ラスト1時間だけ「新幹線」をお借りしました。目的はもちろん…

イメージ 1

台湾高鐵700Tのデビューランです♪
お伴はいないので孤高のデビューですが(笑)

イメージ 2

貸しレさんの高架線・新幹線コースで、他の方がモーターを唸らせて高速で新幹線車両を走らせるのを少し羨ましくみてましたが、ようやくそれが出来ました♪
しかもそれが素晴らしい情景の「夢空間」さんですから、嬉しさもひとしおです!

イメージ 3

夜景の中をかっ飛ぶ様子も素晴らしいです♪
そして少し光りムラが気になるKATO純正室内灯も、今回はほぼ均一に光っていて、美しい光の帯を見せてくれました♪

イメージ 4

駅での停車風景も素晴らしいです♪
実はこのホーム、光量も色もちょうど良く、夜景での見え方は一番かもしれません♪

他に新幹線車両が無いので、なかなか走らせる機会は少ないと思いますが、満足なデビューランでした♪

それでは、また。

こんばんは。

何のやる気も出なかった土日ですが、「夢空間」だけは行ってきました。
やっぱり癒しは必要ですので(苦笑)

今回は485系国鉄特急色、しかも北陸特急ばかりを集めてみました。
さすがに「国鉄時代」ばかりというわけにはいきませんでしたが、「特急街道」の雰囲気は満点でした♪

イメージ 1

まずは485系登場時の481系“雷鳥”から。当初はヒゲ無しでバックミラーが付いていて、151系と似た雰囲気もありましたね~

イメージ 2

続いて485系200番台の“雷鳥”。絵入りHMになったのは53.10のダイヤ改正からですね。国鉄形末期に設定されたのはシンプルなのが多かったですが、それでもいつも目をひく存在でしたね。

イメージ 3

こちらは“さよなら雷鳥”編成。485系時代というか、“雷鳥”の愛称の最末期ですね。最後にパノラマクロが国鉄特急色になったのは驚きでした。

イメージ 4

と、第一陣は「雷鳥の歴史」になりましたね。かなり間をすっ飛ばしてますが(苦笑)
しかも偶然にもKATO、TOMIX、MicroAceの3社の製品が並びました♪
この中でもMicroAceのだけがクリーム色の色合いが違います。同じMicroAce製の“にちりん”485系は他の2社の色と近いので、これだけが特殊なのか…

イメージ 5

“雷鳥”が尽きたので、今度は485系“白鳥”を。こちらもさよならセットからの登場ですが、両先頭車の妻面側が少し浮いてまして…要調整です。

イメージ 6

こちらは485系200番台“しらさぎ”です。さっきの200番台“雷鳥”はKATO製ですが、こちらは以前から持っているTOMIX製です。もちろん並べてもみましたが、甲乙つけがたいです。

イメージ 7

そして4月に発売された485系“しらさぎ”を。JR時代・「青さぎ」塗装への変更前ですが、クモハ入りの特徴的な編成ですね。
「青さぎ」の再販(?)も発表され、またお金がかかります(汗)

イメージ 8

こちらも並べてみました♪
昔はこうして国鉄色が駅に並んでたかと思うと…また見てみたいです!

しかしこうして見ると、国鉄色ってけっこう長く残ってたんですね。そして…やっぱりカッコええです!
そして標準色にもかかわらずバリエーションも多くて…やっぱり名車ですね!

それでは、また。

こんばんは。

何か疲れが溜まっていて、あまりやる気が起きてきません(涙)
土曜の夜は久々にスーパー銭湯&マッサージも受けてきましたが、それでもダルくて、結局土日の大半をゴロゴロしてました(汗)

イメージ 1

さて、何とか入線した台湾高鐵700T。これくらいは入線整備しましょう。
何といっても……

イメージ 2

行き先シール以外の付属品が一切ありませんので(笑)
新車なので清掃の必要もありません。やることは室内灯の装備だけです♪
ちなみに使うのは久々にKATO純正。…いや、自作をサボったワケではなく(苦笑)
自作の300連テープLED室内灯では長さが足りずに車端が暗くなりそうでしたので、今回は安全策を採りました。

イメージ 3

室内灯取り付けのためボディを外したついでに、ライトユニットの確認。
おー、未だに古い構造のままですね。これであの点灯状態…基本構造が良いんですね~

イメージ 4

構造の古さはこんなところにも。
ネジ留め台車に銀色車輪とは恐れ入りました。

イメージ 5

イメージ 6

そして室内灯装着。普通車は白のまま、ビジネスクラスはオレンジフィルターを被せておきました。やはり純正は楽チンです~

これであっさり整備完了♪
こういう「やる気のない」時は、こういう整備だと助かりますね♪

それでは、また。

こんばんは。

今週は多忙でバテバテで、帰宅しても何もやる気がしないまま寝る毎日です(涙)
やっと週末ですが、土日も何もする気が起きなさそうで、ちょっとヤバめです(汗)
さて、先日少し紹介しましたが、あらためて入線レポートです。

イメージ 1

イメージ 2

KATO 10-1476&1477 台湾高鐵700T 基本&増結セットです。発売日夕方までには秋葉原では売り切れ、涙を飲んだのですが、「かしましハウス」さんのおかげで関西にあったタマを確保・輸送頂きました♪ いつもながら「感謝」の二文字です!

イメージ 3

さすが日台同時発売品、取説も中国語と日本語の併記です。
しかしこの型番末尾に「W」が付くのは台湾仕様なんでしょうかね?

イメージ 4

さて、並べてみました。12両はさすがに多いですね。そしてさすが新幹線規格の車両、1両々々が長いです(笑)

イメージ 5

外車とはいえ、いつものごとくまずはお顔から♪
もちろんベースの700系に似てますが、塗装が違うと印象は全く違いますね。そして在来線車両とは全く違うUFOみたいな感じです(笑)

イメージ 6

でも横から見ると、ちゃんと鉄道車両です(笑)
そして南国の太陽のようなオレンジ色の配色が明るくて良いですね♪
しかし長いですね~

イメージ 7

屋根上は…こんなんなんですね~
そしてシングルアームのパンタですが、やはりシングルアームパンタに弱いKATO、なかなかキレイに上昇してくれません(涙)

イメージ 8

連結器はダイヤフラムカプラーですね。
初めて見ましたが、こういう構造になってるんですね~

イメージ 9

そしてこんな感じの連結面になるんですね。いい感じだと思います♪
というか、これで連結面がガバガバだったら泣きそうですが(苦笑)

イメージ 10

前照灯点灯!
おー美しい電球色です!
そして左右2灯ずつの点灯状態もハッキリと判って良い感じです♪

イメージ 11

一方の尾灯の方は面積も小さく、少し心許ない感じですね。

しかし私には初めての新幹線車両の導入で、初めて尽くしです。しかし何で買ったのか…

イメージ 12

はい、何年も前に海外出張で何度か乗ってるんです。まさに開業直後の頃で、車両も真新しかったのを覚えてます。
辛かったことも楽しかったこともありましたが良い思い出だったので、何としても欲しかったんです。
ですので、本当に入手できて良かったです!
「かしましハウス」さん、ホンマに助かりました!

それでは、また。

こんばんは。

イメージ 1

先週入線したKATO製485系“かもめ・みどり”、既報の通りですが、金曜夜から土曜昼過ぎまでに入線整備しました。

イメージ 2

新製品の新品なので清掃関係は省略。
しかしまずはバラして普通車の室内パーツを集めます。何をするかは写真をご覧頂ければお判りですよね(笑)

イメージ 3

はい、今回もまたライトグレーを2度ほどブシュッと吹いておきました♪

イメージ 4

室内パーツの乾燥待ちの間に室内灯を制作。グリーン車用は電球色、普通車用と食堂車用は白色に。

イメージ 5

これで氷点下チックな青く寒々しい室内から解放されました(笑)

イメージ 6

付属品はたった3つ。
クロ481の検電アンテナと、クハ481-200の連結器カバー(ダミー差替)と、同じクハ481-200の連結用カプラー装着だけ。さすがKATO製、めっちゃ楽チンです♪
ただ、連結用カプラーを装着したときのお顔はやはり寂しく、TNカプラーの偉大さが身をもって理解できます(涙)

イメージ 7

これで土曜日の「夢空間」さんに持ち込みました。
今回は九州特集でしたが、今度は北陸特急に使ってみたいですね♪

それでは、また。

↑このページのトップヘ