2018年06月

こんばんは。

イメージ 1

またまた突然ですが、MicroAce製の北近畿タンゴ鉄道KTR001形の中間車です。

イメージ 2

室内灯の光が美しいです♪
が……通電させても室内灯がキレイに光るだけ。土曜日の「夢空間」さん訪問時に持ち込んだんですが、M車なのにモーターがウンともスンともいわず、走行不能(涙)
ん?何だか最近似たようなことがあった気がしますね(汗)

イメージ 3

またモーターが死んだのかと思いましたが、今回はパイロットランプが赤くなることはなく、ただモーターが反応しないだけ。
とりあえずボディと内装パーツを外してモーターを剥き出しにしました。
そして直接モーターに給電…やっぱり動きません(汗)
こちらもやはりモーターが死んだか…と思いつつ、真ん中のコイルを手で少し回してから再度通電させると……
あら不思議、勢いよくモーターが動き出しました(爆)
その後組み立てて再度通電させても、何も問題なし。オイオイ、何やねんコレ(汗)

とりあえず復活したので、しばらく様子見となりますが、本当に不思議です(苦笑)
それでは、また。

こんばんは。

関西でかなり大きな地震がありましたね。私の実家の親兄弟・親戚は幸いケガも被害もなくホッとしましたが、公私ともに知り合いも多く、何よりも故郷なので心配です。関西にいらっしゃる皆さん、余震には十分お気をつけ下さい。
…阪神淡路大震災を思い出しました。あの時は関西にいましたからね。東日本大震災の時もそうでしたが、もうあんな悲惨な事は起きてほしくないです…

さて、既に整備記事で触れてますが、土曜日はいつもの通り「夢空間」さんにお邪魔してきました。
今回は不調・故障車の整備上がり試運転が主目的で、テーマを決めきれてなかったので、「JR化後のディーゼル車」ということだけ決めて、あとはフリーとしました。

イメージ 1

イメージ 2

故障によりモーター交換したキハ183系の特急“オホーツク”と、不調のため駆動系をそっくり交換したキハ183系2550番台の特急“北斗”を。
両車とも整備の甲斐あって、順調に走ってくれました♪

イメージ 3

お相手はまずキハ201から。一般形とは思えない超高性能と、やはり気動車とは思えない外観が素敵です♪

イメージ 4

こちらはキハ54。国鉄末期に出たローカル用ですが、社内設備を改善した車両での急行運用などもあり、楽しい車両です♪

イメージ 5

と、北海道特集と見せかけて、全く違う方向へ(笑)
こちらはキハ181形特急“はまかぜ”です。めちゃめちゃ久しぶりの走行でしたが、何の問題もなく快調々々♪
しかし“はまかぜ”後継のキハ189、出してくれませんかねぇ…

イメージ 6

イメージ 7

12系快速“ばんえつ物語”は、やはりDD53牽引で♪
というかC57-180は持ってませんし買う予定もありません(笑)

イメージ 8

キハ183系1000番台の特急“シーボルト”。JR化後に新造されたとはいえ、主要機器などの構造はキハ183形をベースに作られたらしいですね。北海道と九州にしかいない形式というのも不思議ですね。

イメージ 9

最後はHOT7000系の特急“スーパーはくと”。高性能気動車と言えば、私は真っ先にコレが頭に浮かんできます。
そろそろ置き換えの話も出てきてるようですが、同じくらいカッコいい車両であってほしいですね!

イメージ 10

イメージ 11

もちろん夜景モードも。
パノラマ車は夜景モードで映えますね。
特にキハ183-1000のような展望室持ちは、展望室にライトを仕込んでおくと雰囲気満点です♪

と、こんな感じで、比較的フリーテーマに走らせました♪ お借りした貨物線の雰囲気が非電化の匂いもあって、楽しく走らせることができました♪

それでは、また。

こんばんは。

土曜の夜からずっとル・マン24hrレースを見てました。途中少し寝ましたが、殆ど起きていて、家から一歩も出ずに見てました。
ようやく日本車&日本人を含むドライバー陣が勝って、本当に良かったなぁ、と。一昨年は残り3分でリタイヤなんてこともあったので、最後はハラハラでしたが、今年は本当に強かったです♪

イメージ 1

さて、また突然ですがキハ182-500番台・旧塗装のM車です。先月末に485系200番台を買いに秋葉原に行った際に一緒に買ってきました。ご覧の通り「わんわんの店」のジャンク品です。

イメージ 2

ハイ、いきなり全バラです(笑)
いや、入線整備ではありませんが。

イメージ 3

出してきたのは以前から持っているキハ183形2550番台のM車・キハ182-2550です。

イメージ 4

こちらも全バラしました(笑)
もうおおよそお気付きですよね。ジャンクの車両からのパーツ移植です。
この車両、以前からしばらく走らせると「キューっ」という捻れるような音を出してました。
恐らくギヤ回りからの音だと思われたので、モーターの軸に異常がないことを確認のうえ、シャフト・ウォームギヤ・台車のギヤを全て移植することにしました。もちろん移植するパーツは劣化したグリスを拭き取って、新たにグリスを塗布してから組んでます。

イメージ 5

こちらも土曜日に「夢空間」さんで試運転。捻れ音はすっかり消え、気持ち良く走ってくれました♪
昨日記事にした“オホーツク”といい、このキハ183-2550といい、ちゃんと走るようになると気持ちいいですね♪

それでは、また。

こんばんは。

イメージ 1

早速ですが、TOMIXのキハ183“オホーツク”セット中のキハ182のM車です。
3週間くらい前でしたか。“夢空間”さんで走らせようとして、いきなり不安定な動き&パワーユニットのパイロットランプが赤表示で走行不能になったのは。
分解してモーターの確認をしても問題なかったように見えたので、もうひとつの電装系・自作室内灯を交換しました。
…が、実は先々週に試運転したところ、やはり同じ症状が出ました(涙)

イメージ 2

その後家でチェックしてもやはりダメ。
こうなると自作室内灯の不具合ではなかった、ということになりますね。

イメージ 3

となると残る可能性はコレしかないですね。突然死で悪名高かったTOMIXのM-9モーター。
でも購入後5回程度、延べ走行時間は1時間強くらいなんですが…(汗)

イメージ 4

手元にあった新品のストックと交換します。さながらエンジン換装ですね。でも性能は1ミリも変わりませんが(笑)
しかしモーター表面の印字が同じ表記です。取り違えるヘマはしませんが、これで治らなかったら完全に迷路に入り込むことになりそうですが…

イメージ 5

土曜日に“夢空間”さんで試運転したところ、完全復活しました!
とりあえずこれでひと安心ですが、また壊れないだろうなぁ…(汗)
しかしモーター故障は私にとって2回目。それも2回ともM-9モーターです。TOMIXさん、もうちょっとパーツの耐久性を考えて欲しいものです。
あ、土曜日の“夢空間”さんのレポートはまた後日に。

それでは、また。

こんばんは。

4月末に入線したこの方。

イメージ 1

KATO製 ED71二次型です。
5月中旬に整備しましたが、ずっと記事を書き忘れてました(苦笑)
そろそろ旧客急行を走らせたいなぁ…と思っていたら思い出しました。

イメージ 2

とりあえず分解。常点灯化は静止画撮影には必須ですしね。

イメージ 3

さっさとコンデンサを取っ払いました♪
それもライト基板を車体に乗っけたまま(苦笑)
良い子は真似しちゃいけません(爆)

イメージ 4

ナンパープレートを取り付けました。
KATO製はピッタリと嵌まるので気持ちいいですね♪

イメージ 5

前面もナンバープレートを取り付け、カプラーも交換。いつも通り片側KATOナックル、逆側はTN化してます。
そして常点灯化した前照灯が美しいです♪

結局入線後1ヶ月以上デビューさせてませんが、そろそろ走らせてやりたいですね。

それでは、また。

↑このページのトップヘ