2017年03月

こんばんは。

週末の夜はこれを弄ってました。

イメージ 1

MicroAce 117系です。

イメージ 2

先日の「夢空間」さんでの新快速祭りのひとコマです。
これ、常点灯レベルの電気を流してますが、殆ど点灯していない状態です。
走り出せばそれなりに点灯しますので、壊れてるわけではないんですよね~
とりあえずバラして、LEDを高輝度に交換でもしてみましょう。

イメージ 3

バラしてライト基板を取り出しました。
LEDは前照灯用・尾灯用ともに黄色と電球色の中間くらいで、色合いは悪くありませんが、もう少し光量が欲しくもある、という感じです。でもそれほど暗い感じはしませんが…

イメージ 4

とりあえず前照灯用は高輝度電球色、尾灯は高輝度白色に替えました。
で、通電テストをしましたが、やはり暗いです…
で、次に抵抗を替えてみましたが、やはり暗い…
なんだか面倒になってきました。

イメージ 5

結局フレキシブル基板でイチからライト基板を作りました。
最近、このパターンが多くなってきました(笑)

イメージ 6

前照灯はこんな感じで、光量はけっこう上がりました♪
電球色LEDの影響でヘッドマークが少し赤み掛かって見えますが、カラーリング的に違和感なく感じるので、これでOKとします。

イメージ 7

尾灯もクッキリ光るようになりました。
こちらは白色LEDを使いましたので、ヘッドマークの発色も白が強くなります。
前照灯も白色を使っても良かったんですけどね。

こんな感じで、更新完了です。
これで停車時もライト回りを楽しめますね♪

それでは、また。

こんばんは。

イメージ 1

先日入線しましたMicroAce 223系6000番台です。
これの入線整備をしました。

イメージ 2

まずは状態確認から。
車輪や集電シュー、スプリングはキレイです。最初の通電テストもストレスなく一発合格でした♪

イメージ 3

しかしそこはMicroAce製(涙)。
M車の集電板は錆び錆びです(汗)
外された形跡が無かったので、前オーナーさんもここは手を付けられなかったようですね。
でも総じて良い扱いをされていたようで、ここ以外は本当にキレイでした♪
で、この集電板は外して酢漬け~一部ペーパー掛け~無水エタノール洗浄のフルコースを処置しておきました。

イメージ 4

次はこのヘンな色の前照灯です(汗)

イメージ 5

前照灯は電球色LEDに、MicroAceさん得意の着色導光体(涙)です。
色々試した結果、発光側の外側ライト部だけをオレンジのマッキーで着色するのが一番マシかな、と。

イメージ 6

こんな感じになりました。内側のフォグランプがまだイマイチですが…
ちなみに組み直したら尾灯への光漏れは無くなりました♪
どうやらライト基板の位置合わせが少しシビアなようです…
あ、種別・行先表示は「直通快速・尼崎」をチョイスし、車体内側から裏貼りしました。
また、室内灯は自作の白色タイプとしました?

イメージ 7

あとはカプラー交換です。
さすが「攻めのMicroAce」、元のアーノルドカプラーでも悪くない車間です。

イメージ 8

でも、いずれ8連化したときに、制御車同士の連結面だけ詰まってるのも不自然なので、贅沢にも全車BMTN化しました。
更に、TOMIX車の付属品にあったグレーのトイレタンクをクハにのみ取り付けました♪
車間が抜群に縮まりましたし、クハの足元も引き締まって、ちょっとしたグレードアップになりましたね♪

イメージ 9

この状態で、月曜日にレンタルレイアウト「夢空間」さんに持ち込みました。
んーやっぱりカッコええですね!

しかしあと1セット、適価で見つかって欲しいものです~
それでは、また。

こんばんは。

水曜はお仕事で岐阜県某所に出張してました。
朝の新幹線で名古屋に出で…

イメージ 1

313系8000番台…は見送って(笑)
元セントラルライナー車は無料なら好きですが、今回は諸事情でパスです。

イメージ 2

で、少し早い昼食に、立ち食いのみそきしめんを♪
名古屋に寄ったら立ち食いきしめんですよ!

イメージ 3

そして乗ったのは313系1600番台の快速です。転換クロス車はやはり快適です♪

イメージ 4

イメージ 5

岐阜県内に入ると、のどかな風景が広がります♪
仕事なんて放り出して、鉄旅に出たくなりますね(爆)

そして業務終了後は仕事仲間とギリギリまで飲んで、383系“ワイドビューしなの”で名古屋まで。
あ、写真撮り忘れました(涙)
その後は鉄旅で唯一苦手な新幹線で東京まで帰りました(苦笑)
新幹線、見るのは良いんですが、乗るのは身動きが取り辛くて苦手です。飛行機よりマシですがね…

そんな岐阜出張ですが…

イメージ 6

ぽち紙袋(笑)
往路の乗り換え時間の間に、名古屋ぽちに寄りました(爆笑)

イメージ 7

中身はジャンクの457系です♪
他には惹かれるものが無かったのが幸いです(笑)

それでは、また。

こんばんは。

昨日の記事の最後に少し掲載したヤツです。

イメージ 1

MicroAce A-9565 223系6000番台・6次車です。某オクから引っ張ってきました♪
少し前から探してましたが、適価で状態も良さそうなものが出品されてましたので、つい…(汗)
争わずに済んだのは助かりましたが。

イメージ 2

ご覧の通り4両セットです。
えぇ、キレイで良い状態ですよ♪

イメージ 3

いつも通り並べました♪
両先頭車の運転台側カプラーが元のダミーから1段電連付のBMTNに交換されてます。もちろんそれも知ってのうえでの落札です。

イメージ 4

そんな小改造された車両の、まずはお顔から。
スカート周りが相変わらず寂しいのと、BMTN化で若干スカートが傾いている以外は、好ましい表現ですね。
それにやはりWパンタの前パンが厳つくてカッコええです♪

イメージ 5

横から見ると、やはり特徴的なWパンタが目立ちますね!
窓回りなど、MicroAceさん特有のクッキリした表現ですが、103系とかと較べると少し抑え目に見えます。
あと塗装は文句無しに美しいです♪

イメージ 6

パンタ車の屋根上です。
Wパンタのわりには、屋根上機器はスッキリしてます。
そしてMicroAce特有の、残念なフラフラパンタ…これだけは残念です(涙)

イメージ 7

シールも全て未使用です♪
まぁ私が使ってしまうわけですが…

イメージ 8

前照灯、点灯!
…なんやコレ…(涙)
幕は白く美しいのですが、肝心の前照灯はヘンな色&尾灯まで光ってます(涙)
どうやらコレがデフォルトのようですが、明らかに着色導光体のしわざですね…
さぁ、少しでもマシにできますかね~

イメージ 9

尾灯点灯です。
こちらは赤い光がハッキリしていてキレイです♪

この6000番台、KATOからも出てますが、あちらはシングルパンタ仕様なので眼中にありません。
このWパンタ、つまり関西線~おおさか東線~片町線~JR東西線の直通快速が欲しいわけですから。

イメージ 10

そう、コレです。東西線のホームドア設置に不都合なので早々に207系に取って変わられましたが、関西線初の223系定期列車なので、やはり所持したいです。
そうすると、あと1セット入手しなければ…文字通り道半ばです。

それでは、また。

こんばんは。

三連休最終日の月曜は、夕方からまたレンタルレイアウト「夢空間」さんにお邪魔しました。
今回は一人ではなく友人と一緒で、お借りしたのはまた私鉄線ですが、外側を友人に使ってもらい、私は内側に行きました。

今回はまたも関西ネタ、それも王道の「新快速祭」としました♪
新快速は関西人の誇りやで~(笑)

イメージ 1

まずは113系横須賀色・新快速。
大阪万博輸送に使った関東からの応援車両をそのまま使ったのが新快速車両の始まりです。

イメージ 12

153系青帯・新快速。
“ブルーライナー”と呼ばれた新快速は、新幹線延伸で廃止になった山陽急行の余剰車活用(サービス向上)で生まれましたね。

イメージ 13

117系新快速。
初めて新快速用として作られ、転換クロスの豪華な設備と優雅な車体デザインは“シティライナー”の愛称とともに新快速の勇名を大いに響かせましたね。

イメージ 11

221系新快速。
“アメニティライナー”の愛称は定着しませんでしたが、JR各社が分割民営化後最初の新型車両で特急車を造るなか、JR西日本は最初にこれを製造・投入したあたり、新快速への力の入れ方が判りますね。

イメージ 2

223系1000番台新快速。
ここからは“○○ライナー”という愛称が無くなりましたね。
最高速度130km/h運転が開始された車両で、今でもアーバンネットワークの主力ですね。

イメージ 3

最後は225系新快速。
新快速車両としては初の全電動車編成(0.5M)ですね。
これからはこの車両&兄弟車が増備されるんでしょうね。

と、うちにある新快速車両をつぎ込みました。そして定点観測ならぬ定点撮影もしてみました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

いや、どれもめっちゃカッコええです!
やっぱり新快速は最高やで!
と、定点撮影の結論がそれしかない(苦笑)

そんなわけで3時間、友人のブルトレの横を新快速ばかりが通り過ぎる事態になりました(笑)

イメージ 10

…え?コレですか?
コレは試運転でしたが、それはまた次回にでも(笑)

それでは、また。

*3/22夜、一部写真貼り間違いのため、修正しました(汗)

↑このページのトップヘ