2016年09月

こんばんは。

金曜は会社が年休取得奨励日でしたので、奨励された通り年休を取って、RailGardenさんにお邪魔してきました。

平日で料金が少し安価なこともあり、5時間耐久レース…いや、レースではないですが、しっかり走らせてきました。

テーマは特に決めず、直近で仕上げたものと、最近出番の少なかったモノを運用しました。

イメージ 1

まずはキハ81系“くろしお”。増結セットを入手してフル編成化です♪

イメージ 2

いやー長いです(笑)

イメージ 3

で、やっぱりコレですね♪
先頭車と中間車の連結部です。

イメージ 4

485系200番台“しらさぎ”。
導入時は同調で苦しみましたが、ホンマに安定しました。

イメージ 5

イメージ 6

名鉄キハ8000“北アルプス”と、115系3000番台広島快速色。
どちらも久々の火入れで最初は少しギクシャクとチラツキが目立ちましたが、10分弱で調子を取り戻しました。

イメージ 7

227系。
こちらはさすがに新しい製品だけあって快調でした。

イメージ 8

153系新快速ブルーライナー。
古いモデルですがホンマにいつも安定的に快走してくれます。

イメージ 9

313系8000番台“セントラルライナー”。
コレも整備後ほとんど走らせてませんでしたが、順調でした。

イメージ 10

イメージ 11

787系“つばめ”&“リレーつばめ”。
ギクシャク感のあったM車は再整備で完全に復調しました。
が、両先頭車の室内灯にチラツキが目立ち、取り付けの再チェックが必要です(涙)

イメージ 12

713系900番台。
こちらは整備明けにも関わらずギクシャク感と異音が…どうもギヤ周りの不具合の様子。分売パーツの無いMicroAce車ですから、ジャンクから部品取りするしかないか(涙)

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

近鉄30000系ビスタカー&ビスタEX。
シェイクダウンのEXは勿論ですが、再整備したビスタカーも快調でした♪
ただビスタカーのWデッカーT車は少し室内灯のチラツキがあり、これも少しチェックが必要ですね。

イメージ 16

キハ120木次線。こちらは室内灯&前照灯の更新のみで分解清掃はしてませんが、めっちゃ快調でした♪

イメージ 17

最後はキハ120×4両を1本の路線で追いかけっこさせて遊びました♪
あ、写真の横並びは、1本だけ隣の線を一瞬拝借して撮影しただけです。

いやしかし、5時間走らせると満足感高いです♪
他のお客さんの車両を見てるのも楽しいですし、あっという間の5時間でした~

それでは、また。

こんばんは。

昨日、仕事から帰宅後にたまたま隣町の某店に行ったところ、鉄道模型のコーナーがあり、コレが転がってました。

イメージ 1

KATO 10-850 キハ81系“くろしお”増結セットです。
7月に基本セットを購入した際、増結の玉数のなさに「両端の顔が違う方がいい」と負け惜しみを吐きつつ諦めてましたが、こんなところに転がっていたとは…
しかも値段も某オクの落札相場より明らかに安い…?
速攻で検品し、車輪汚れ以外はキレイな状態でしたので、迷わず購入と相成りました。

イメージ 2

デカケースの上方に3両だけ…スペースがムダに有り余ってます(笑)

イメージ 3

並べて…といっても増結の3両だけですが(汗)

イメージ 4

このキハ81で、両端がブルドッグになる“くろしお”編成になります♪
いや~10連で走る日が楽しみです♪

イメージ 5

イメージ 6

模型店購入ではないため少し不安だったライト類も、全く問題なくキレイに点灯します♪

イメージ 7

とはいえ中古ですので、全バラ整備は欠かせません(苦笑)
で、ついでに室内灯も装着しました。
室内灯は自作の白色テープLED仕様ですが、基本セットに合わせてCRDを噛ませて減光処置をしてます。
全バラ清掃で通電パーツも綺麗になりましたし、レンタルレイアウトに持ち込むのが楽しみです♪

それでは、また。

こんばんは。

イメージ 1

前回の記事の最後で入線報告しましたキハ120木次線です。

イメージ 2

中身の確認とばかり、並べてみました。
2両なので楽チンです♪

しかしこの鋼製の200番台とステン製の0番台のセットというのが泣かせます。

イメージ 3

他のキハ120と同様に良いお顔ですが、左側の200番台の塗り分けの違いが、別物の印象を受けます。

イメージ 4

サイドから見ると、200番台は越美北線と同じユニットサッシに。ちゃんと作り分けてますね♪

イメージ 5

カプラーはバネの無いプラプラBMTNです。
が、全く構いません!(笑)

イメージ 6

イメージ 7

前照灯は橙色LED、尾灯は赤色LEDです。
写真ではキレイに見えますが、肉眼では…やはり橙色(涙)

ですので、ここ2週間くらいで他のキハ120な手を入れたのと同じく、前照灯のみ電球色化しましょう。

イメージ 8

はい、工事完了です。やっぱり明るくて美しいです♪
尾灯への光漏れは…肉眼では判りにくいのでOKです(苦笑)

イメージ 9

室内灯も白色の自作品に置き換えました。

これでいつでもReady to Runです!

イメージ 10

そんなわけで、他のキハ120と1ケースに纏めました♪

この木次線カラー、いつか2両とも動力車化したいですね。

それでは、また。

こんばんは。

今回は少し酒肴…ではなく趣向を変えて。

木次線。
広島県・備後落合と島根県・宍道を結ぶローカル線です。
10年以上前に鉄旅で寄ってから、その魅力にハマりました。
すでに国鉄形車両はいませんでしたが、キハ120単行が日本の原風景の中をトコトコ走る姿は、いつ見てもいつ乗っても癒されました。
関東からはえらく遠いですが、5年前くらいまでは毎年行ってました。

イメージ 1

出雲坂根駅です。出雲坂根駅と言えば…

イメージ 2

かの有名な「延命水」ですね。
夏でも冷たい、旅人には有り難い湧き水です。
いつも、持っている小銭を傍の賽銭箱に全部入れてから頂いてました。

イメージ 3

スイッチバックらしい複数の分岐器がある構内配線も美しく感じました。

イメージ 4

こちらも有名な亀嵩駅。
風情のある木造駅舎に…

イメージ 5

扇屋さんの出雲そば。割子そばだけでなく、汁そばもぶっかけも食べました。
もちろんそば弁当も。
あ、八川のそばも食べましたよ。
どちらもとても美味しいです。

イメージ 6

こちらは出雲横田駅。
神社風の駅舎には大きな注連縄があって、風格すら感じます。

他にも魅力的な駅が山ほどあります。

で、時には関東から車で行って、撮影に回ったことも。

イメージ 7

“奥出雲おろち号”。
爽やかな緑の風景に、白と青の車体が本当に映えます。
もちろん乗車もしました。

イメージ 8

田植え前の水田に写るキハ120がまた美しいです。

すぐお隣の三江線が廃止表明された今、木次線も決して安泰ではありませんが、この景色とこの鉄路はずっと残して欲しいと願います。

イメージ 9

…そんなわけで、TOMIX 92133 キハ120木次線。
今までなぜか巡り会えませんでしたが、今回の秋葉原のぽちフェスで、念願の入線です。

こんばんは。

敬老の日の月曜は、秋葉原でのぽち・鉄道模型フェスティバルに行きました。
欲しい物がないことを祈りつつ、しかし少しおトクな値引きのある最終日に行くという矛盾(苦笑)
で、色々と手に取ったり戻したりを繰り返し…ホンマにガマンの1日でした。
そんなら行くなって…(爆)

で、手ぶらで帰って…は来れませんでした。さすが危険地帯です(苦笑)

イメージ 1

さすがに“紙袋”級の自爆は避けました。この先まだまだ欲しい新製品がありますので。

イメージ 2

買ったのはこの二つです。

イメージ 3

まずはKATO 5100 ナロネ21前期形です。
所有しているKATO 10-367 20系“さくら”基本セットに増結する目的です。
これに今月発売のナハネ20増結6両セット+単品ナハネ20を1両加えれば、めでたく“さくら”編成が出来上がります♪

で、もう1つは…また次の更新時にでも。

それでは、また。

↑このページのトップヘ