こんばんは。

先日、KATO製の古い475系の全バラ清掃をしましたが、そういえば他にも不調やら何やら抱えた車両もチラホラあります。
いつもblogでお世話になっている南武蔵野線さんが少し前のTOMIXのM車をバラして整備されてるのを拝見したこともあり、この際気になるM車をバラして整備することにしました。

16433736193472

まずはModemo製の小田急20000系。なかなか合わせる車両が無くて、かなり長い間走らせてません。
そして気動車のような大きな走行音がします(汗)

16433736192631

16433736191940

集電板は汚れてませんでしたが、台車のギヤ周りは真っ黒。まぁ入線整備時に塗布したモリブデングリスの色なので汚れではありませんが、このグリスは抵抗が高いので、タミヤのセラグリスに塗り替えました。

16433736453555

続いてMicroAce製のキハ183系1000番台“シーボルト”。夢空間さんで時々走らせますが、たまに通電不良なのか止まることがあります。

16433736452604

車体側の集電板、何年か前の入線整備時にペーパー掛けでピカピカにしてましたが、やはり汚れが出てましたので、再度ペーパー掛けでピカピカに。

16433736451793

台車の集電シューやギヤ周りも清掃・洗浄とグリスアップしておきました。

16433736785597

16433736784526

続いてMicroAce製キハ185系“ゆふ”です。こちらも“シーボルト”と同じ状況でしたので、同じ整備をしておきました。

16433736938518

16433736938929

同じMicroAce製のキハ185系“九州横断特急”も同じ状況だったので、こちらも同じメニューで。

やってることはワンパターンですが、それなりに模型を弄った感はありました(笑)
が、まだまだ整備を要する車両はありますが(汗)
それでは、また。