こんばんは。

16584116832042

先日入線した近鉄10000系を整備しました。
まぁ新しいモデルで車輪やウエイト等はキレイな状態なので、そこは手を抜いて(苦笑)。
そうするとMicroAce品らしくユーザー取り付け部品等はありませんので、メニューは室内灯製作・取り付けのみです。

16584116831181

編成の両端2両ずつ、計4両は普通の20m級平屋車なので、いつもの自作室内灯で問題なしです。

16584118072987

はい、いい感じですね。

16584116830420

しかし残りの3両はクセのある車両達。まずは2両ある2階建て車両から。

16584117048625

まぁおかしな構成です。純正ではダブルデッカーの室内パーツの間に室内灯を入れて、上下を照らす形ですね。
しかしこの集電位置で車端は光が届くんでしょうか…少なくとも私が作るいつもの自作品では届かないこと請け合いです。

16584117048324

そこで、現物を見て考えて、こんな形を作ってみました。
ダブルデッカー部はプラ板の両面にテープLEDを仕込み、更に光が届かない集電場所側の車端部にはチップLEDを飛ばすようにしました。

16584117047413

で、こんな感じで室内パーツに組み込み、端部は小さなステーを追加して支えます。車端部用のチップLEDは組み立て時に直に屋根に貼り付けました。

16584118072646

LEDの輝度と作動電圧の違いから、車端部が少し明るすぎるきらいはありますが、まぁいい感じになりました。個人的には成功と言って良いですね。

16584118073568

残るは連接の中間車。短いためにテープLED1ユニットしか入らず、しかも集電場所が悪くて両車端には光が届きそうにありません…
そこで先ほどと同じように、車端部用にチップLEDを二つ飛ばしておきました。

16584121611620

2階建て車よりも更に、両端が明るすぎる感じです(汗)
これはなかなか厄介で、色々試しましたが、私の貧相な知識では電気的にうまく合わせられませんでした。ですので、これから紙などを使って物理的に光量を抑える方向で検討します。

まぁしかしこれだけバラエティ豊かで特殊な形だと、室内灯ひとつとっても現物合わせで作らないとしょうがないですね。
ともあれ、これで走らせるのが楽しみになりました。それでは、また。

こんばんは。

先日の三連休、あまりにも暇だったので、中日の日曜に少し出掛けました。

16582244020892

泉岳寺から京急2100系快特で。品川では大量の乗車がありました。さすが三連休ですね。

16582244020061

で、私が行ったのは行楽地ではなく横浜でのわんわん祭り(笑)
昼過ぎでしたので比較的待たずに会場には入れました。そしてタダで済むはずもなく…

16582244306132

16582244305871

気付いたらバッグの中に居ました(汗)
MicroAce A-1976 近鉄10000系ビスタカー 新塗装7両セットです。
以前から機会があれば…とは考えてました。最近発売された製品でもあるので、整備もそれほど手間は掛からないでしょうし。とはいえ10%offでなければ手は出さなかったですが。

16582244305130

ともあれ、ちゃぶ台へ。
見れば見るほど不思議な編成です。2階建て車を含む中間3両は連接車で、その影響もあって7両編成で車長が4種類という試作要素の強い車両ならではの構成です。

16582244567242

まずはお顔から。後に続く10100系とも全く違う、アメリカンなゴツい印象のお顔ですね。今も昔も、日本国内ではあまりこういうデザインの車両は見ませんね。

16582244566931

16582244566070

16582244770655

16582244770094

サイドビューは4種類様々で、目立った共通点は4枚折戸と塗装くらいでしょうか。
そして、やはり編成中の白眉、ビスタドームのある2階建て車が目立ちます。

16582245161508

ちなみに連接の両端になる2階建て車両には運転台もあります。しかも飾りではなく何度もこのお顔が編成端になる運用がありました。
しかしMicroAceさんには珍しく、ここは前照灯も尾灯も光りません。どうしたんでしょうね~

16582245161007

16582245160376

前照灯と尾灯ですが、過不足なくキレイに光ります。ギラギラ光るのも個人的には好物ですが、これくらいの明るさも良いですね。

16582245510259

そして歴代のビスタカーを並べてみました。初代が最後の入線になりましたが、これで塗装違いなどを除いた形式という意味では、製品化されているビスタカーは揃いました。あとは20000系“楽”が製品化されればコンプリートなんですけどね。

この10000系は運用や座席指定システム面で不都合が多くて短命に終わりました。更に今回導入した新塗装かつ両端流線形の形態の期間は短かったですが、模型では何も気にすることはありませんし、他の近鉄特急車と一緒に活躍していただこうと思います。それでは、また。

こんばんは。

先週末になりますが、夢空間さんに行ってきました。今回はいつもBlogでお世話になっている「南武蔵野線」さんとご一緒させて頂きましたので、何かテーマを示し合わせて…ではなく、私の我が儘でフリーテーマにさせて頂きました。
その理由は…GW前に重整備したものの、その後の入線やら何やらで、出庫が遅れ遅れになっていた車両を走らせる予定をしてたからでして。

16577153927072

まずは783系“ハイパーかもめ”と、787系“つばめ”から。はい、GW前に重整備したのはJR九州関連の車両達でした。しばらく走らせてませんでしたし、調子を崩している車両もあったので…(汗)

16577153926251

続いて“ハイパーかもめ”に合わせて長崎方面でキハ183系1000番台の特急“シーボルト”を。どマイナーな列車ですが、大村線全線を走る唯一の特急列車でした。

16577153925260

そのシーボルトと並べたのはキハ71系“ゆふいんの森”です。キハ183自体も“ゆふいんの森”だったり“ゆふDX”だったりと久大本線を走ってましたので、お仲間ということで。

16577154087155

そして“ゆふいんの森”を出したら本家“ゆふ”を出さないわけにはいきません。半分赤い頃の“ゆふ”はキハ185系らしさをよく残した、お気に入りの車両です。

16577154085933

「南武蔵野線」さんもフリーテーマでE351系や485系青さぎ、EF66-27+コキ編成と、バラエティに富んだ内容で、楽しませて頂きましたが、中でも個人的には国鉄一般型キハが一番刺さりました。
もうすぐキハ55急行色も出ますし、その頃にまた共演させて頂きたいです♪

16577154086624

そして今回のラストショットは夜景の中で佇む個性派DCの並びで。
観光客を運び終えて駅で休む感じですね。

しかし実は今回、少し心残りが。同じく重整備した883系“ソニックにちりん”を忘れてしまいまして(涙)
近いうちに今度は振り子特集にでもして走らせることとしましょう。
それでは、また。

↑このページのトップヘ