こんばんは。

所属車両紹介・第10回。

イメージ 1

KATO 10-1142 20系寝台特急「さくら」佐世保編成 です。

イメージ 2

うちの所属車両で唯一の寝台特急編成です。
しかもどちらかと言うと興味の無かった20系。
今、模型で見ると、青色が14系や24系より深く落ち着いていて、なかなか綺麗な車両だなと。

イメージ 3

イメージ 4

このセットを買った理由は、この1両です。 マヤ20!
分割編成の為に旧型客車(オハシ30)から改造された簡易電源車です。
編成美と呼ぶに相応しい20系固定編成に似合わぬ異質な姿。
即席みたいなものにも拘らず装備している左右振り分けのテールサイン。
なんてカッコイイんだキミは!(笑)

イメージ 5

こちらはナロネ21とナハネ20。

イメージ 6

さらにナハネフ22。

これが20系の正統な姿ですね。
こうやって見てると綺麗でカッコイイもんです。
しかしマヤ20のインパクトが強くてもう…編成の最後尾はほぼ必ずマヤ20にしてます。

ではまた。

こんばんは。

所属車両紹介・第9回です。

イメージ 1

イメージ 2

Greenmax 4072 近鉄12200系です。今年4月頃に購入。
M車無しのKATO製10100系B編成と組み合わせて、近鉄得意の異形式混結編成にするのが目的でした。
「スナックカー」と呼ばれたこの車両、子供の頃に見飽きるくらい見ました。
個人的には10410系エースカーの方が好きでしたが。

イメージ 3

片一方の行先表示のシールが剥がれて無くなってます(涙)
モ12200の運転台直後のスナックコーナーのデカい窓が特徴的で良いですねー
ただ、行先表示器や種別灯が光らないのは残念です。

ちなみに付随車ク12300は10100系との連結の為に、台車交換の上KATOカプラー密連型を取り付けてます。

イメージ 4

レンタルレイアウト“ファインクラフト”さんにて。
近鉄特急には緑の景色が本当に似合います!

ではまた。

こんばんは。

今日は朝から車のレース(スーパーフォーミュラ)をTV観戦しながら、先日入線したTOMIX 14系“はまなす”の整備をしてました。
他にも室内灯製作とかもしてましたけど。

イメージ 1

スハフ14用のジャンパ栓。
機関車のホイッスルほどではないですが、ちっちゃいパーツ。
裸眼視力0.1以下の人間にはキッツいですー(涙)
でもコレを取り付けないと…

イメージ 2

何かが「足りない」お顔です。

こういうパーツ、ピンセットでつまむと“ピーン!”って飛んでくんですよね…
なので特製治具を用意!

イメージ 3

…って、割り箸に両面テープつけただけですが(苦笑)

イメージ 4

この先にパーツ(ジャンパ受け)を付けます。先端に付いてる青いゴミみたいなのがパーツです。
この状態で車両の取り付け穴に押し込めばOK。


イメージ 5

ホース付ジャンパ栓も同じく。

イメージ 6

右側が取り付け前、左側が取り付け後です。
んー顔が締まりますねー!

あ、ホースを黒に塗るの忘れてた(汗)

ではまた。

↑このページのトップヘ