こんばんは。

16552051178267

先日入線したTOMIXのED79の整備をしました。
ま、付属品の取り付けとカプラーのナックル化だけですが。LEDの打ち替えをしなくていいのは楽ですね。

16552051177986

信号煙管とホイッスル、そして無線アンテナを。
無線アンテナは手抜きをして足カット→Gクリア接着で済ませました。

16552051177295

ナックル化は、いつも通りアーノルドカプラーの受けにKATOナックルを押し込んでGクリア固定で。

16552051298999

ちなみにナンバーは10号機にしました。あんまり意味はありませんが、既に持っている黒Hゴム車とだけ被らないようにしておきました。

16552051387261

あ、ついでに黒Hゴム車の方も両ナックルにしておきました。これで整備完了です。

16552051298788

が。
肝心の50系とカプラー高さが合いません(汗)
しかし機関車の方はこれ以上カプラー位置を上げれません…

16554798469561

そこで50系側のカプラー用に長くて段差の無い「ナックルカプラー長」を確保し、長くて段差のある「20系ゆうづるナックル」から交換しました。

16554798468850

これで高さがピッタリ合い、安心して走らせれます。

ちなみに“はまなす”用のスハフ14も同じ「20系ゆうづるナックル」を使いましたが、こちらは高さがこれでピッタリ合ってます。
車種によって変わるのか、個体差なのか…いずれにせよ今後のナックル化は現物合わせでカプラーをチョイスすることになりますね。
それでは、また。

こんばんは。

16552050088112

TOMIX 7149 ED79 Hゴムグレー、入線です。
50系5000番台が入線し、14系“はまなす”、24系“北斗星”とED79牽引列車が増えたことで、1両増備が欲しくなり、それなら最新のを、ということで導入しました。

16552050087681

まずはお顔を。種車のED75そのままのお顔で、関西で生まれ育った私には馴染みは薄く、しかしそれが妙にワクワク感を誘います。

16552050086860

横から見ると、D級ということで短くコンパクトですが、引き締まった身体のアスリートのような力強さを感じます。
そしてTOMIX機はやはりプロポーションが良いですね。

16552050208434

交流機ではありますが、塩害対策をしたED75-700番台が種車なので、屋根上は他の交流機と比べるとシンプルですね。
そして個人的にはシングルアームパンタよりも下枠交差パンタの方が好きなので、ちょうど良い仕様です。

16552050207873

前照灯は程良い明るさの電球色です。KATO機ほど明るくはありませんが、KATO機のように簡易常点灯化の手間を掛けずに済みますし、個人的には満足です。

これでED79牽引列車同士の離合もできるようになりましたし、早いとこ整備して、50系と一緒にデビューさせてやるのが楽しみです。
それでは、また。

こんばんは。

前回記事で50系5000番台のカプラーをKATOナックルで仕上げましたが、そうなるとこちらも…

16550071252112

TOMIX製の14系“はまなす”です。ED79牽引の機会が多いですし、こちらも編成両端のTNカプラーをKATOナックルに変更します。

16550071251851

使うパーツは50系とほぼ同じです。加工も同じですので省略します。

16550071339963

やはり見た目とても良くなりますね♪

16550071250940

ちなみにスハネフ14は切妻かつ幌無しなので、カプラー長の長い“あけぼの”用を使わず、EF66ナックルで仕上げました。目一杯前に出せば、これでもちゃんと連結・走行できそうです…ま、テストしないと判りませんが。

さて、こうなってくると青函トンネル関係の客車と、それに絡む機関車も全部ナックル化することになりますね。
暫くはその作業でウチの工場は回すことになるでしょう。
それでは、また。

↑このページのトップヘ